今年5月に予約をしたギターのリペアーでしたが、11月になって順番がやってきて
ギターを送ると、約2週間でリペアーを終え戻ってきました。
ネックの状況を変えたかったですが、店主いわく、「リセットの必要はなく、前のリペアーマンが
適正な処置をしている」との事で、ネック状況と弾きやすさの向上は主に、リフレットと
ナット・サドルの再製作で調整を行う事にしました。

そもそも、元々1971年のネック幅は狭い方の42.9mmです。これがD45GEや戦前モデルの
リバイバル品であれば45mmとなって、手の大きな男性には弾きやすいのです。
それが3mm狭いだけでナットの弦の切込み幅が窮屈になり、特に2弦の1フレット辺りを
押さえた時にどうしてもミュート気味になってしまうのです。
それを、出来る限り広げた特製ナットを作ってもらいました。それでいて、決して弦落ちしない
絶妙の調整です。それと、1フレット以降のフレットの高さを上手く合わせて、軽い力で
弦を押さえられるようにすると、音の一つ一つがより生きてきます。

c0145198_18214193.jpg

前のナットと作ってもらった特製オフセットナットの違いです。
弦間が全く違います。

この状態で弦を張ると2mm切っていました。

c0145198_18212041.jpg

c0145198_18213660.jpg

それでいて、サドルの高さもこれだけ残っています。
12フレットはナット・サドル間のちょうど半分の位置にあるので、サドルを1mm削ると
12フレット上では0.5mm下がる計算です。

それと、ペグも長年の間で動きにくくなっていたところを、分解掃除してもらいました。
これで、ピカピカです。

c0145198_18213219.jpg


チューニングには電子メーターを使い、ペグは直接触りません。
ペグに指の油が着くと、色あせが歪になるのです。

c0145198_18211221.jpg


サドルの2弦部分の接地を1mm下げているので、オンチにはなりません。


後は、アバロン貝の全体的なリペアーです。
Martinのビンテージのアバロン貝(メキシコアワビ貝)はその装飾の抑えの塗料が
どんどん剥がれてきます。それをヒビンテージの風味を損なえずに修繕していきます。

最後に軽くパフ掛けをして仕上がります。

c0145198_18205773.jpg


元々を知っているので、かなりきれいにパフ掛かっています。
1日経って、ネック具合を見てみると、12フレット上での弦高は2.1mmです、

c0145198_18215123.jpg


おそらく、ネックを触っていないので、この程度で落ち着くと思われます。
そして弾いてみると、軽い力でしっかりと全部の弦を押さえられます。
簡単なようで、これが一番難しいセッティングだと思います。

ちなみに、私の送った時のダンボールが薄かったので、専用のダンボールで
送ってくれました。「高級ギター取り扱い厳重注意」と印刷されています。
今後、この2重の分厚いダンボールで送れるので安心です。

リフレットをして、同い年の1971年生まれのギターを今後も大事にしていこうと思います。

c0145198_18215998.jpg



[PR]
自分の持っているMartin D-45(1971)のリペアーを
出したのですが、着々と作業が進められているようです。

c0145198_22303622.jpg
まずは、フレット交換からのようです。
このギターおそらく、前のオーナーがネックをリセットしていますが、
そのときにリフレットしたっきりフレットは換えてないと思うのです。
ネック状態を調整するためにフレットを整えて、ナットを作成し長く弾いても
疲れないギターに仕上げてもらいます。

c0145198_22333924.jpg
この後、エボニー(黒檀)の指板を磨いてフレットを打ち込みました。
ここから、フレットの頭を揃える作業に入るのかな?といった感じです。

さて、この後続く作業も楽しみですね!!




ギターの調整は本当に難しいですね。
ナットの幅と溝の高さと1フレットの具合で大きく変わります。
今回はそんなところを大きくリペアーし最初からやりなおしていただきました。
[PR]
c0145198_187782.jpg



先日、アコースティックギターのリペアーの予約から半年過ぎたけど
まだ連絡ないから、来年になるかな~と書いたら、それを見たかのように
連絡が来て、昨日ギターを送りました。

私と同い年のギターでやはりこの辺りで人間ドッグではなくギタードッグに
入れてやり悪い所は全部直してやろうと考えております。

ネックリセット、リフレット、それに伴いナットの弦の間隔を広げてもらう。
バイディング、アバロンの修繕等色々と考えております。

ギターは弾きやすさで、好みが分かれてきます。
もちろん音色も大事ですが、ずっと弾いても疲れないギターが結局は良いギターです。

3か月後くらいになるのか?リフレッシュして戻ってきてほしいです。
[PR]
先日、何度かギターを購入している梅田の三木楽器にギターを見に行った。
ここはナンバにないレアなアコースティックギターが多く販売されているし、
Martinの在庫の多さは特筆すべきものがある。
この日も、ヘリンボーンの実物1943年のD28も698万円で売られていた。

しかし、私にとって驚いたのはやはりYAMAHAのLL100Dである。
中学生の時からYAMAHAのギターを使っていて、当時のフォークの世界では
名だたるアーティストがヤマハを使っていたからだ。
私の大好きだった長渕剛もL53やCWE58を使っていたので、YAMAHAの
カスタムは常に憧れの対象であった。

1987年、ヤマハは100周年を迎え、LL-100Dを限定20本で発売した。
同じ年にエレアコがCWEから今に続くAPXに変わりその最初のロット(APX-10S)を
購入したのでよく覚えているのだ。

元々、LLには最高峰の55Dがあり、金額は55Dが55万円という感じだったので、
100Dは100万円かと思ったら、150万円という絶望的な金額であったと記憶してる。
30年前に高校生にとって150万円は、どれほどの金額だったか??
今なら1000万円?もっとかもしれない。実物を見たこともなかったし20本しかないし
おいそれと展示できるほどでもないからだ。

その頃のカタログを今でも置いてあった。
c0145198_19365676.jpg
c0145198_1937732.jpg


メキシコアワビ貝が嫌味なほどにおごられており、バブル前夜の日本を象徴する派手さである。
とにかく、バックが2枚のハカランダというのがすごい!L51以来かもしれない!
LL53もLL55も3枚板のハカランダであるが、LL100Dは2枚であった。

さて、その実物を30年を経た現在に目の当たりにするとは思わなかった。
これは三木楽器のサイトからである。
c0145198_19421122.jpg
c0145198_19422124.jpg
c0145198_19423167.jpg
c0145198_19424436.jpg


実際に見ないと美しさはわからないが、これは当時ヤマハが行っていた、
ハンドメイド(特注)を全部合わせたような仕様になっている。
ハンドメイドを全部注文するとおそらくこの100Dのようにすることはできる。
つい最近まで、ハンドメイド受注していたヤハマは最近は中断しているようである。

サイドにもMartin D45のようにアバロンが入っている。
特注でエレアコ仕様にもなっている。
まぁ、ヤマハではこれ以上は出来ない仕様である。

あ~あ、弾いてみたかったなぁ~~。
[PR]
先週新しく出来た「三木楽器 アコースティックイン」に行ってきた。
大阪ミナミはど真ん中の三角公園近くにあります。
c0145198_18464247.jpg
c0145198_18465244.jpg

(2枚の写真は同ショップWEBより)

入った瞬間、木の匂いでもうたまりません!!
三木楽器は梅田店や旧なんば店でギターを購入したことがありますが、
ここはアコースティック専門という事で都会のオアシスと言う感じです。

超高級なギターやレアなビンテージはありませんでしたが、
それでも、何回も行ってみたいショップでした。
[PR]
昨日は我が家でギターが好きな人たちが集まってそれぞれがギターを持ち込み
弾き比べをしました。
c0145198_18442337.jpg




c0145198_18484063.jpg




c0145198_18551295.jpg

c0145198_185679.jpg


今、僕の部屋には7本もギターが置いてあるのですが、それを代わる代わる
弾いてもらったら、やっぱりこのLL55Dが一番弾きごたえもいいし、
よく鳴っているというのである。
私も、自分で弾くことはたくさんあっても、人が我が55Dを弾いているのを
聴くのは初めてだったので、こんな音をしているのかと、その鳴りっぷりに
びっくりしました。

それにしても、昨年の1月に書いた「激鳴り」は他の人も評価が一致したことが
うれしかったです。
[PR]
c0145198_18372187.jpg


このギターは2006年に買ったのですが、その後何年か弾き、ロングサドルの
状態が悪くなったらいけないのでここ数年は弦を張らずに湿度調整した部屋で
永遠の眠りについていたのでした。

ところが、ひょんなことから弦を張って弾いてみたくなり、メンテとともにやってみました。

c0145198_18393498.jpg


ロングサドルの調整はこのようにサドルが付いたまま上をサンドペーパーで削るらしいです。
ほんの少しだけ、削ってみました。(0.3mmほど)

c0145198_1841098.jpg
c0145198_184174.jpg


その後はフレットを磨きます。長く置いておくとフレットはくすんできます。
そこで、金属磨きで磨くとピカピカに元通りです!!

指板ガードを取り付けて丁寧に磨いてゆきます。
c0145198_18424821.jpg

そしてオレンジオイルで指板をしっとりと潤いを与えます。
黒檀で出来た指板がこれで、ピカピカになります。

c0145198_18435587.jpg


そして弦を張って終わりですが、この手の指板を持つギターはフレット交換が割高です。
アヴァロン装飾を指板上に施しているとフレットを抜く時に余計な手間が必要らしいです。

c0145198_1846060.jpg
c0145198_1846846.jpg


それにしても美しいギターです。
先日購入した、カポ(Thalia 24K Gold Finish with Dragon Abalone Inlay)も
実にしっくりと馴染んでおります。

このギターは1996年のマーチン社の何周年かを記念して作られたモデルで、
ハカランダモデルとローズウッドモデルが存在します。
ハカの方はロングサドルでオリジナルD45と同じ数の91本が世界中に売られたらしいです。
ローズモデルは普通のショートサドルでアヴァロン装飾もネックサイドにはありません。

10年ほど前まではこのD45 DX CFMはよく中古で見かけたのですが、ここ数年は見たことがありません。
Martin社も最近はハカランダモデルを出さずにマダガスカルローズやココボロを使った
ニューハカランダ的なモデルを量産しています。なので、ハカランダモデルのD45の
現存個数も減っていきオーナーが手放さないのだと思っております。

特にD45 GEはほぼ見なくなりました。アディロン+ハカランダのD45は今後少なくなるので
是非お手元に置いておいた方がいいと勝手に思っております。
[PR]
c0145198_15493570.jpg


(右)
今日は数年ぶりに寝かしておいたMARTIN '96 D45 DX CFMの弦を張ろうと思いつきました。
このギターはスノフレイクインレイのいわゆるオリジナルプリウォーD45のコピーで
1996年にMartin社が出した記念モデルであります。
TOPはシトカスプルース、サイドバックはハカランダのメキシコアワビ貝の装飾が
ボディーだけでなくネックやヘッドまで回っていて豪華なモデルです。
新品では300万円だったそうですが、僕は2006年に中古で買いました。

(左)
一昨年購入した私のバースデーイヤー1971年式のD45です。
なんと長渕剛氏がナイティナインのごちですで弾いた本物です!!
TOPはドイツ松でサイドバックは東インド産のローズウッドになっております。
1970にMartin社はそれまで使っていたブラジル産のローズウッドの枯渇から
東インド産のローズウッドに使用材料を変えました。1971年はそんなMartin社の
初期のローズD45でございます。最近では1974年までのドイツ松のTOP板を持つ
D45の高騰は目を見張るばかりでございます。

c0145198_15582379.jpg


(右)
2000年前後のMartin社のハカランダは写真のような少し赤い板目のものが多いです。
柾目のものもありますが、当然同じ確率で入っているので柾目が好きな人はそっちを
選び板目が残る形になっていると思います。この後に出されたD45GEのハカランダは
おそらく別に保管してあったハカでちょっと材料が違うように思います。

(左)
1971年頃のローズは本当にきれいなこれ以上にない柾目でございます。
当時Martin社はブラジルローズの代替えとしてこんなキレイなローズを使っていたんですね。

c0145198_1623415.jpg
c0145198_1624490.jpg


使われているアヴァロン(メイキシコアワビ貝)も少々違います。
1971年の方が白っぽい貝で施工方法も手作り感が多いです。
最近のアヴァロンは青っぽいですね。このどちらのアヴァロンもソリッドと思います。

糸巻きはMARTIN '96 D45 DX CFMはオープン型です。一方1971はグローバーの
オーソドックスな人気のオイルが入っているものです。


この2本のギターですが、全く違います。
MARTIN '96 D45 DX CFMは低音がとても出るギターです。
まるでグランドピアノのような重厚な音です。ネック幅も昔の広い方なので大きな手の
私には弾きやすいです。
MARTIN '71 D45のほうは軽い音です。もちろん46年経ち、材が枯れてるのかもしれません。
ドイツ松(ジャーマンスプルース)の奏でる煌びやかさがあります。


この2本を持つことはきっとアコースティックギターファンにとっては有意義なものであると思います。
私も出来る限り大事に所有し弾いていきたいと思っています。
[PR]
c0145198_18203158.jpg



アコースティックギターの中古サイトを見ていると稀にMartin D45の1968年と1969年の出モノがある。
金額的には400万円から上は1000万円近くまでいく珍しいギターである。

元々1933年から1942年まで91本作られたD45がオリジナルD45と言われて1000万円はする
アコースティックの王様としたら、1968-69は再製造されて2016年の現在まで続くD45の中でも
ハカランダという木を使っている最後の2年間の273本であり、既に何本残っているかわからない
レアなギターである。

ちなみに私が持っている1971年のD45はすでにハカランダでなはくローズウッドなので200万円
には届かない金額まで下がる。

こうやって1968-69のD45が出るたびに全てのギターを売って追い金して買おうかとも考えるが、
やはりどうやっても手が出せないし出ない。
探している人はたくさんいるので、じきに売れるだろうが、いつも歯痒い気持ちでいっぱいである・・。
[PR]
c0145198_192864.jpg

c0145198_1922059.jpg

c0145198_1922380.jpg

c0145198_1923911.jpg



Thalia 24K Gold Finish with Dragon Abalone Inlay
久々にカポを購入した。
もう10年ぶりになるだろう。

三木楽器のサイトを見ていたら、何やらややこしそうなカポが売っている。
しかもメキシコアワビ貝の装飾と大好きな金のピカピカです!こりゃ買わずにいられません!

何やら、このカポを指板のRに合わせて弦の当たるところを交換できるようです。
そして、ラバーとプラスティックとがあり7種類×2で14種類交換可能だそうです。
MartinやYAMAHAはこの16というサイズのようです。
私は弦が固定されたのでラバーの方を選びました。

さっそく、愛機のMartin D45(1971)に使いましょう。
c0145198_1924593.jpg


写真によると、下からはめるようです。
c0145198_1925094.jpg



しかし、どうも上からはめる方が使いやすいような気がします。
c0145198_1925360.jpg


この方が貝の装飾が見えるしいいような気がします。
しっかり押さえられて素晴らしい高級カポです!!

これで、またギターを弾くのが楽しくなりました!
[PR]