ギター吊ってます

カールです。一般的な壁材はPB9.5mm(プラスターボードの9.5mm)の上にクロス(壁紙)が張られています。試しに壁に木ネジを入れると白い粉がでませんか?これは粉を固まらせた壁材であります。ここにこのままネジ込むとやがて粉に耐力が無くなります。
そこで、カール(補強)をまず打ちその中に木ネジをねじ込むのです。
a0083903_21334210.jpg



これがねじ込んだ状態です。取り付けるギターハンガーのネジ位置にしたがい打ち込んでください。
a0083903_2134212.jpg



次にギターハンガーにはラッカー塗装用の保護クッションをはめてセッティングします。
a0083903_21344380.jpg



最終的にこのようになります。この状態でいくら吊っても落ちることはありません。
a0083903_2135116.jpg




私はギターは全て壁に吊ってます。
ギターの保管方法を聞くと、どのショップも湿度50%前後で温度20度前後の部屋で壁から吊るすのがいいと言います。
この方法がネックに一番優しいらしいです。ですから僕も部屋を一つギター部屋にしてエアコンを常にONにして加湿器50%に合わせています。

最後に、この方法でカールを壁に打ち込むのは賃貸のマンションでは絶対にやめてください。
当然、怒られます!!自己責任でよろしくお願いします。
[PR]
by koyo1378 | 2007-01-07 21:48 | ギターアクセサリー | Comments(2)
Commented by あまくい at 2007-01-08 00:18 x
エアコン、加湿器で管理できるゼクさんて羨ましいねぇ。こんな環境だったら弦も錆びる事も無く長く使えますね。
Commented by ゼク at 2007-01-08 06:40 x
実は、ギターは今までは居間に吊っていたのですが、皆が使う部屋なのでギターを弾くと嫌がられてました。そして、天気の悪い日に妻が部屋の中に洗濯物を干すので湿度管理も大変難しかったのです。
湿度45~65%くらいでした。しかし使ってない部屋が一つありましたので思い切ってそこを使いました。そこでエアコンを常にONにして管理しようと思うのですが電気代があまりにかかるのでしたら、少し考えないといけませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード