YAMAHA FG250M

このギターは1985年に新品で買いました。
当時はYAMAHA旧Lシリーズと新LLシリーズの入れ替え時期でカタログにもLとLLの
両方が載ってた記憶があります。
僕のこのギターもTOPは単板でサイドバックはマホガニーの合板で出来ています。

このギターは梅田三番街のナカイ楽器で買いました。
時は1985年12月24日のクリアウマスイブの日です。
ギターを買って欲しいと粘った中3のクリスマスになんとか買ってもらう事が出来ました。

店員さんに「初めてギター買うんですけど安くていいのありますか?」
と聞くと、「いいのがありますよ!TOP単板で最高のがあります!」
僕は単板?と思いましたが「じゃーそれと」持って帰りました。

それから22年ずっと手元を離れたことはありません!

今回、もう何回目の弦交換かわかりませんが初内部写真も撮りました!

a0083903_17253055.jpg


まずPINですが真鍮のものです!象牙より完璧に硬いです!
こんなの使ってる人いますかね~~?

右上はサイドの合板がはっきりと分かる写真です。
ブレージングも少々粗めでしょうか?しかし20000円チョットのギターにしてはボチボチ??

左下は完璧なノンスキャロップのブレージングです。太くて力強そうです!
まだ、浮きはないようですね!

最後は、TOPは間違いなく単板です!

このモデルはまだたまにオークションで見かけますが、購入額の20000円近くで取引
されています。結構人気あるみたいです!
[PR]
by koyo1378 | 2007-05-11 17:31 | ギターについて | Comments(3)
Commented by うえ。 at 2007-05-12 00:22 x
すみません。下の書き込みが前後してしまいましたm(__)m
さて、真鍮製ピンですが、純正でしょうか?
聞くところでは金属と木製の温度による収縮率が違いすぎるので、
木部が割れる危険性があると聞いてます。
ただ、実際に割れたという話は聞いたことがありません・・・オイオイ(笑)
ちなみに昔、エレキでナットも真鍮に交換してた時期がありました。
効果はサスティーンが伸びることです!
Commented by ゼク at 2007-05-12 00:31 x
この真鍮ピンはごく普通に楽器店で売っています。
しかしうっかりしてました!確かに金属の方が膨張率が高いので
ブリッジを割ってしまうことがあるかもしれません!考えても見なかったです。元のピンもありますので戻してみます。
Commented by ぴーくん at 2007-05-19 21:15 x
 ブラスのブリッジピンはちょうどFGを海外のミュージシャンが使っている頃に、その真似をして取り替えたりしている人達がいましたね。今でもたまに古いFGが売られていたら、ブラスのピンを差したまま(オリジナルをなくしたってことかな)で売られてますね。ワタシはキンキンするような音が苦手なので、ブリッジピンは象牙・TUSQ・牛骨のいずれかにしてます。よくできた牛骨ピンは象牙にも匹敵しますね。ただ、穴にあわせて微調整するときに、削ったときの牛骨の独特の匂いはどうも好きになれませんけど。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード