ネック幅と2弦1フレットの弦高の関係

いろんなギターがありますがネック幅はだいたい42mm~43mmのものと
44mm~45mmのものとに別れています。
MARTINの古いものはネックが今のものとは違いやや太いモデルで45mm弱あります。
今のものは43mmです。YAMAHAもMORRISもノーマルなものは42mmが多いです。




a0083903_1481683.jpg


これはYAMAHA LL55Dですがネック幅は約43mmで2弦1フレットは0.9mm
実際に私の手の大きさでは弾きにくいです。Cコードを弾くと2弦1Fを押さえた人差し指の
腹が1弦1Fに僅かに干渉してしまいビビってしまうのです。
最近D45の45mmを弾くとこれが弾きやすいのです。


a0083903_14132325.jpg


これはMARTIN D45ですがネック幅は約45mmで2弦1フレットは0.6mm
このサイズの組み合わせが今の僕のベストです!0.6mmあればビビることもなく
非常に押さえやすいです!しかもネック幅が+2mmあるだけで1弦に全く干渉しないです。
もし僕がギターをオーダーするときは45mmの2弦1fの弦高を0.6mmにしてもらおう!


a0083903_14171256.jpg


これはMORRIS M151ですがネック幅は約44.5mmで2弦1フレットは0.8mm
このサイズもD45に負けないくらいに弾きやすいです。握ったときに実にしっくりきます!


a0083903_14192848.jpg


これはMARTIN D28ですがネック幅は約43mmで2弦1フレットは0.9mm
このサイズはLL55Dと同じなのですが1弦に干渉はしません!
やはりネック幅とネックの太さが関係しているのでしょうか・・・・・・・。



結論としては、ネック幅は43mm弱ではやはり細いということです。
2弦の1Fは0.7mmがベストでしょうか!0.7mmではビビることもないし実に押さえやすい
でしょう!そうするとネック幅は44.5mm(MARTIN D45のカタログサイズ)がやはり
気持ちいいですね!ネック幅が広いとそれだけナットから音がボディーに伝わり大きな音が
出るという傾向にあるようです!それより42mmでは男の大きな手では各指が干渉してしまいます。

今後は、ネック幅に気をつけていろいろ考えてみよう!
[PR]
by koyo1378 | 2007-05-13 14:27 | こぼれ話