最近は・・・・・・・・。

うちの家ではギターを2つの部屋に分かれて置いています。

ひとつは2Fのリビングに!
この3本は共に合板のギターでクラックの心配もないので比較的温度湿度の変化が
大きい場所に置いています。

そしてもうひとつは1Fのギター部屋に!
この6本はALL単板で湿度管理をしている部屋に置いています。

さて、この6本を毎日弾くのは困難で、だいたい1日2本くらい回して弾くのだが、
自然とD28に手が伸びます。

実は、このD28は理由があって半音下げてチューニングされています。
簡単に言えば1フレットを押さえてレギュラーになるようにチューニングしています!
この事によって、振動数が増えるのか音に深みが増して実にいいのであります。
不思議とテンション感が少なくなると要ったことはありません!

逆にあま~い音に変化しているのです!

このギターは40年前の物ですが、そのボディーのキズも風格に感じて一層懐古的に
その音を奏でるのです!

最近では、もうこの1本でいいや!って考えてもしまいます。
それほど今の気分に合ったギターです。

ギターの音色は、自分の気分によっても変わります。
それは自分の心が変化しているのであってギターの音色が変わったんではありません!

しかし、その曖昧なところがアコースティックギターのいいところであり、
「アコースティックギターっていいねぇ~」となるのです!!
[PR]