ついに「ヤツ」が・・・・・・・

私がよく行く店でついに「ヤツ」が発売されました。

Martin D-28 Authentic

大阪、初上陸なのか!!
3月の時点で店長が「うちにもヤツはやってくるよ!」と言っていたので、ズット待っていましたが
ついに来ました。
・・・と言ってももちろん買える訳はないですが、一度見てみたいですね。

きっと、すぐに売れてしまうでしょう。
裏板も完全な柾目ではないですが、やはりいい色をしていますね。

おそらく、420万くらいかな???

僕は、ロト6を当てて次の「MARTIN D-45 Authentic」を狙います!!
[PR]
by koyo1378 | 2007-09-08 09:25 | ギターについて | Comments(35)
Commented by MARTIN D-45 at 2007-09-08 21:19 x
絶対にロト6を当ててください!
一緒にD-50も買ってください!

おそらくコレクターがすぐに買うでしょうね。
Commented by ゼク at 2007-09-08 23:04 x
ロト6当てたいです!4億円当たったら、オリジナル45も買います!
しかし、現実はナンバーズ3でも当たりません・・・・・・・。
Commented by MARTIN D-45 at 2007-09-08 23:45 x
ロト6・・・実は買ったことはありません・・・
正直当たるとは思えないので(笑)
私はもし当たったら家を買いますね。
ギターを買うとすればカスタムオーダーします。

まあ当たらないんですが・・・
Commented by ゼク at 2007-09-09 00:49 x
僕も2,3回しか買った事ないです。自分の選んだ数字が全く入らない感じで途方に暮れました。しかしこのギターは売れるんでしょうか・・・・・。
Commented by ぴーくん at 2007-09-09 22:21 x
 5階ですか? 前に18Authenticも入ってましたけどあれは売れたのかな??(最近行ってないからなあ…)

 ワタシはひたすら国産ギターを愛します。D-45とか友達が持っているのでいつでも借りられるし。ちなみにロト6って買ったことないですし、どうやって買うのかも知りません。買おうとも思ってないし…。
Commented by ゼク at 2007-09-09 22:33 x
ここは5階ではありません。4階です。
僕もYAMAHA大好きです。しかしMARTINも素晴らしいです。
いろんな国の素晴らしいギターを弾けたらいいです。
しかし、ぴーくんさんには二言なしでずっと国産で頑張ってもらいたいです。ぴーくんさんにはYAMAHAが一番似合っていますね!

ロト6ですが・・・・・。買わないほうがいいです!
まず、当たりませんので・・・・。
Commented by カズトシ at 2007-10-12 16:38 x
確かに、D-28 Authenticは高いギターですが、ゼクさんのもっているというD-45(ハカランダ)の方が、もっと高いでしょう?
日本でプロではなく持っている人なんて、殆ど居ないのでは?と思います。
非常に羨ましい・・・
Commented by ゼク at 2007-10-12 17:36 x
カズトシさん、はじめまして。
そして書き込みありがとうございます。
D-28 Authenticはまだ見たことないですが非常に高いですね。
525万ですか?割り引いても400万はすると思います。
このギターは確か50本限定みたいですが売れたらまた作る気でいたと
思います。しかし僕の知るところではあんまり売れてないみたいですが・・・・。
Commented by ゼク at 2007-10-12 17:37 x
やはり、28GEで100万はしますがこれが限界でしょう。
1930年代の本物ビンテージのN.MINTがあれば500万するでしょうが
新品で500万は高いような・・・。
しかも正目のローズウッドのようなハカがいいとされているので、今の板目のハカではOLDファンはどうでしょうか。
ちなみに僕の持ってるD45ですが買値はD-28 Authenticの半分もしませんよ。たしかこのモデルは1996年製で91本限定です。
しかしTOPはアディロンではなく不必要にアバロンが入っています。
僕はアバロン大好きなのでこのギターは最高ですが、正当なるビンテージファンは手を出さないと思います。
このギター、半年弾き続けてやっと音に張りが出てきました。
間違いなく前のオーナーは弾いてなかったと思います。
逆に’67のD28は最初から鳴りました。きっと前のオーナーが弾き続けていたんでしょうね。
Commented by カズトシ at 2007-10-15 16:35 x
ゼクさん、突然の書込みにレス頂いて恐縮です。
D-45(ハカランダ)はD-28 Authenticの半分もしないのですか・・・
それは認識不足でした。(失礼しました)
ただ、半分しなくても、数百万ですよね・・・やっぱ高いと感じてしまいます。
私の所有ギターは、
Martin D-28 Marquis 2007年製(つい先日購入しました)
Gibson Advansed Jumbo 1995年製
TACOMA C1C 2003年製
YAMAHA L-10 1978年製
ですが、ご覧頂いた通り、つい先日やっとMartin Ownerになったばかりですし、百万円を超えるギターには手が出ません (汗)
それに先日買ったMarquisがあまりにも素晴らしいので、TACOMA以外は売ってしまおうかと考えてます。(もうMarquis以外は弾かなくなりそうで・・・TACOMAは、別の楽しみがあるので取っておくと思います)
Commented by ゼク at 2007-10-15 17:48 x
正直言いましてD28マーキスはコストパフォーマンス・内容とも最高のギターですよ!実際GEとマーキス弾いて聞き分けれる人はいないと思います。バックがハカかローズだけの違いですから・・・・。
これから毎日弾いてください!きっと怖ろしい音になりますよ!
間違いなく最高のギターですよ!!
L10も78年ならハカ物ですね。僕も持っていました。
しかしマーキスのかっこ良さにはかないませんね!ロングサドルに
アディロンTOP、ずっと大事にしてくださいね!!
Commented by カズトシ at 2007-10-16 17:17 x
ゼクさん、お褒め頂き、有り難うございます。
同じ2007年製Marquisを5本集めて貰い、弾き比べと、聴き比べ(店長に弾いてもらいました)を約2時間した上で、5本の中で一番良かったものを選びましたので、この上なく気に入ってます。
毎日弾き、弾き終ったら必ずダルンダルンに緩め(6弦で720°緩め、他の弦は6弦と同じテンションまで緩める)、ケースにしまうようにしてます。
少々面倒ですが、最初の数年間のケアが、このギターの一生に大きく影響すると思いますので、赤ん坊のような感覚で接するようにしてます。
Commented by ゼク at 2007-10-16 18:24 x
ギターというのは全く同じD28マーキスでも1本1本音が違うでしょうね。
硬い音、柔らかい音、伸びる音、いろいろありますね。
MARTINの良さは2年くらい弾き込んでから分かると思います。
また、マーキスモデルは一生物として十分に価値あるものですから
今後の成長がたのしみですね!!
これからの季節は乾燥してきますのでくれぐれもご注意ください。
とくに40%割ってくるとクラックの心配がありますので労わってあげてください。
Commented by カズトシ at 2007-10-17 13:08 x
そうなんです。
簡単に違いを説明すると、5本中2本は、少し音がこもっている感じだったので早めに外し、残り3本は全てクリアーな音だったので、その中で一番音が前に出て来る感じのものを選びました。
その1本が、たまたまなのか木目も一番綺麗でした。
先にも書きましたが、既に95年製のGibson(AJ)よりも良い鳴り(弦は両方ともELIXIR NANOWEBのMediumで揃えてますので、弦の差はありません)なので、数年後が非常に楽しみです。(でもやっぱりその内ハカランダも欲しくなるかも知れませんが・・・)
Commented by ゼク at 2007-10-17 15:49 x
そうですか、もうすでにギブソンを上回りましたか。それは怖ろしいギターですね。僕もナノウェブのEx-Liを使っています。
本当はミディアムくらいがいいでしょうが昔から細い弦ばかり使っているので柔になってしまいました。
MARTINハカランダはとんでもない金額になってきてますね・・。
半年毎に値段が上がってる気がします。
僕の1967年のD28もクラックが1本とオーバースプレーがあるものの特に大きな問題はなかったです。
しかし今では1968年ものでも100万に届く勢いです。
たしかにビンテージものは遡っては作れないので仕方ないですが。
僕はマーキスをもってらっしゃる事からGEより1969年以前のビンテージハカランダをお勧めします。すばらしく普通の音がしますからびっくりしないでくださいね!!しかしそれこそがMARTINスタンダードの全てですよ!
Commented by カズトシ at 2007-10-17 18:21 x
確かにGEよりもビンテージが良いかもしれませんね。(アドバイス有り難うございます)
ただ、買うのはまだまだ先なので、その頃の価格と程度が不安です。
いずれにしても今は、Marquisをひたすら弾きます。
GibsonとYAMAHAは売る事にし、代わりにFenderのテレキャスを購入しようかと思います。
Commented by ゼク at 2007-10-17 18:39 x
僕はマーキスもGEも本質的に音は変わらないと思っています。
ローズとハカはよく似た木ですので違いはわずかです。
しかし値段は倍します。
ビンテージもののロングサドルのもの(’66以前?)が今後どんどん
減ってくると思います。
その点YAMAHAはL-53系やL-51等一部のギターしか値上がりしていません。やはり王者MARTINには勝てないんですね。僕もYAMAHA大好きでLL55D持ってますが、YAMAHAの音がします。
しかし55Dは絶対に手放しません。このギターは80年代のニューミュージックの音がします。僕の音楽の原点です!このギターを弾くたびに中学生の気分に戻れるのです。
Commented by カズトシ at 2007-10-18 11:42 x
確かに、私も20数年前、中学一年の時に初めて買った(親に買って貰った)のが、L-10なので、思い入れは多少なりともあります。
しかし私の場合は、
中学時代・・・Beatles/S&G等洋楽からOff-course/拓郎/かぐや姫/Tulip等の日本のフォークまで、好きな曲は何でもやるバンドを組んで活動。
高校時代・・・Hard Rock/Fusion(CASIOPEA/SQUARE等)のバンドを組んで活動。(たまに、Acousticも入れましたが、殆どElectrical)
大学時代・・・作詞・作曲共に才能に恵まれてない事に気付き、スポーツに集中し、ギターを段々触らなくなる。
社会人・・・この20年弱の間、全く触らずで、昨年末、気紛れで入った楽器屋にて気紛れでTACOMAを購入。
で、気が付いたら、ギターを弾く楽しさを思い出しました。
という感じなので、ブランクが長過ぎ、L-10を弾いても全然昔の音とかネックの感じとかに懐かしさが湧かないのです。
というよりも、昔弾いてた曲などを改めて弾くと、当時の気分に戻れる感じです。
Commented by ゼク at 2007-10-18 11:57 x
これは僕の考えですがそのL10は手元に置いておくほうがいいと思うのですが・・・。このL10があったからこそ音楽の素晴らしさとめぐり合いそしてまた今マーキスとめぐり合ったのです。僕も1985年に初めて買ってもらったYAMAHA FG250Mはずっと手元にあります。このギターがあって今の自分がいると思っています。もちろんこのギターは売ってもいくらにもなりませんが私には価値あるギターです。
L10は状態がよければかなりの金額で売れるとは思いますが、たまにこのギターを弾いてやって「当時の気分」に戻るのもいいと思うのですが。
差し出がましく厚かましい意見をどうかお許しください。
Commented by カズトシ at 2007-10-18 17:19 x
おっしゃる通りなのかも知れませんが、L-10を弾いても昔の気分に戻れないのです。
Marquisでも、C1Cでも、AJでも、L-10でも、弾く曲(昔の曲)によって昔の気分に戻れるので、別にL-10に固執しなくて良いかなぁ、と思います。
それに、元々、本当に気に入った一つのものを大事にして行くタイプなので、Marquisを手に入れた今、L-10もAJも(C1Cはご存知の通り、全く別種なので省きますが)というのは、Over capacityなのです。
折角ご意見を頂き、有り難いのですが・・・
ところで、ゼクさんは、ギター用のお部屋をお持ち(本当にギターがお好きなんですね)との事ですが、普段のPlay(練習?)もその部屋でされてるんですか?
10本ものギターをお持ちなので、下手すると一日中籠もりっきりになったりしそうな気がしますが、如何ですか?
私は、練習は書斎でしますが、普段はリビングで無理矢理?にでも家族(妻と子供)に聴かせるようにしてます。勿論、歌付きで(笑)
子供がまだ小さいのですが、小学校の高学年になったら、少しずつギターを教えて行こうかと思ってます。
Commented by ゼク at 2007-10-18 18:04 x
L10の件、よくわかりました。確かにたくさん持っていても弾くギターは限られます。本当によく弾くギターだけを残すほうがいいのかもしれません。
ところで、僕は1985年にギターを始めてから2005年までは3本のギターだけでした。ところが2005年にLL55DRを買ってからは火が点いてあっという間に増えたんです。最初はリビングで弾いていました。子供も小さいうちは一緒に唄っていましたが、やがて「パパ、ギターがうるさくてTV聞こえない」となってきたのです。それまではリビングの壁にギターを吊って室温・湿度管理していたのですが、常時出入りが激しいので管理は難しかったです。
Commented by ゼク at 2007-10-18 18:04 x
今年の正月になりたまたま1階に1つ部屋が余っていることに気づきそこをギター部屋にすることに決め、保管・PLAYともその部屋ですることに決めました。この部屋はほぼ僕しか出入りしないので環境が安定しています。冬は暖房つけっぱなしで20度・50%を維持。
夏は冷房なしで28度・60%です。僕はギターは50~60%がいいと思っていますので最高の状況です。最近ではこの部屋で寝ています。
しかしながら全部のギターを弾くのですが毎日1時間くらいです。
1つのギターが短いのです。それでもネックのチェックはしています。
このあとまだMARTIN O-18も帰ってきますので大変です。
何本か売ろうか・・・とも考えているところです。
Commented by カズトシ at 2007-10-19 15:29 x
1時間で10本のネックのチェックもしているとなると、弾いてる時間は殆どないですね。更にO-18(興味あるギターです、良いなぁ)も加わると、本当に大変ですね。(私からすると、沢山のギターに囲まれ、羨ましい限りでもありますが)
私の拙い知識だと(勿論ゼクさんはご存知だと思いますが)、Martin社では、摂氏22度、湿度50%を保っているようですね。
私は、昨年末に本当に久しぶりに行った楽器屋(ギター専門店)に、昔お世話になった人(その人は、日本の名立たるギタリストのギターを任せられている、その筋ではかなり有名な部類に入る人なのですが)が居て、久しぶりに旧交を暖めつつ、今回Marquis選びに全面協力をしてくれ(勿論、購入もその店です)、今後3ヵ月~半年のサイクルで、Marquisのmaintenanceを任せる事になったので、ギターは寝室はリビングにいつも置いているのですが、その人に言われた通り(これから最低1年間は、弦をダルンダルンにする事、夏・冬はケースに保管する事、温度/湿度の急激な変化はなるべく避ける事、数ヶ月に1回、必ず状態を見せに行く事)の事だけを守り、とにかく弾く事に注力して行こうと思います。
Commented by カズトシ at 2007-10-19 15:41 x
そういった事もあり、とにかくMarquisに注意を払ってないと、怒られそうで(笑)
今は、大体毎日2~3時間Marquisを弾き、男の乾拭き(が良いそうです)をした後、弦を緩めてスタンド(ネックのみで支えるタイプのもので、真っ直ぐ直立出来るもの)に置いてます。
もう少ししたら、面倒ですが、ケース保管に替えないとなりません(泣)
Commented by ゼク at 2007-10-19 20:24 x
僕の場合は1本3分ってこともあります。いつも良く弾くのはD28ですね。
なんせこの普通の音が大好きなんです。しかし毎日2~3時間は凄いですね。弦はやはり緩めたほうがいいんでしょうかね!?これはいろんな説がありますね・・・・・。ショップではどこも弦を緩めているようですが、
僕は緩めないで22年かんネックが反ったことはありません。
ある程度の管理とチェックをしていればネックは反らないと思っています。でも購入先の方の言う通りにしたほうがいいでしょうね。
ネックで支えるスタンドはヘラクレスでしょうか?僕も使っていますよ!
Commented by カズトシ at 2007-10-20 16:46 x
D-28でもハカランダだと、今や普通の音ではないですよ。(素晴らしい音だと思います)
平日は、だいたい子供とお風呂に入り(夕食は私が帰宅する前に済ませてますので)、21時前に寝かし付けてから食事を取りながら妻と少し話し(家族サービス?)、22時過ぎから2~3時間弾いてます。(昨夜は金曜日だったので、ちょっと気合が入り、3時過ぎまで弾いてしまいましたが 汗)
絃はやはり緩めた方が良いみたいですよ。特にアディロンは元起きやボディへの影響が出易いらしいです。
ギターは、ブリッジピンからペグ(サドルからナットでもあまり変わりませんが)の間にテンションが掛かっているので、その中心は大体13~14フレットの辺りですから、絃を張りっぱなしにしてしまってネックが反ってしまった場合、アジャストロッドでは調整出来ないみたいです。(アジャストロッドは、ネックの中でなので、7フレ近辺が最大調整箇所になってしまうので)
いずれにしてもプロのギターをmaintenanceしている人に言われたので、必ず緩めるようにしてます。
Commented by カズトシ at 2007-10-20 16:47 x
でも、22年間ネックが反ってないというのは凄いですね。当然元起きも無いのですよね。本当に完璧な管理ですね。
スタンドはヘラクレスの改造版(店長の力作)です。ご存知の通りヘラクレスは、スタンドの足にボディが当たってしまうので、少し斜めに吊る感じになりますが、改造型は、壁掛けのように真下にネックのみで支えるようになってます。
ゼクさんのように、ギタールームがあり、壁掛けをされている場合は、必要ないかと思いますが、私は、スタンド派なので、重宝してます。
でも、もうすぐケース管理になってしまいますが・・・
Commented by ゼク at 2007-10-20 18:31 x
僕はアディロン持っていないのですがやはり音が違いますか?
確かMARTIN社では木目の広いアディロンが良材とされているようなので意外と柔らかめなのかもしれません。
僕の場合はEx-Lightなのでネックに影響が少ないのかもしれません。
それと頻繁にギターを触っていますので対処の仕方があります。
おそらく元起きしてしまってるギターは長い間触ってないやつです。
愛情持ってギターを頻繁に触っていると気づくはずですから。
確かにヘラクレスは真下には吊られていませんね。僕はヘラクレスは弾いている時に仮に置くのに使っています。普段は壁から吊っています。
これから湿度が下がりギターには厳しいシーズンを迎えます。
もし良かったら1日中湿度計をギターケースの中に入れてみてください。
湿度が70%以上40%以下では厳しい状況なので一度試してからのほうがいいですよ!!
Commented by カズトシ at 2007-10-22 11:18 x
Martinは、Marquisしか持ってないので、他のトップ(シトカ等)材との比較は出来ませんが、とにかく音が前へ前へ出て来る感じです。
また、GEシリーズはトップが少し薄く、アディロンも柔らかめの材らしいです。
ギターケースは、湿度計付きのものなので、大体の傾向は掴んでます。(今のところ、55%~60%位です)
しかし、通常に生活している私の家の中で、湿度が70%以上や40%以下になる事はほぼ有り得ない事なので、どちらかというと、日中とそれ以外の気温の変化や、エアコンを入れたり切ったりの気温の変化を緩やかにするのが、ケースに入れる目的だと思います。
EXTRA LIGHTって、010-047ですよね、全部のギターがそうなのですか?
かなり細い弦だと思いますが、どういった音楽を主にされてるんですか?
(すいません、質問攻めで・・・)
Commented by ゼク at 2007-10-22 13:54 x
冬になると室外の湿度が10%くらいになり部屋の中も30%を切るようなときもありますので十分注意してください。逆にお湯を沸かして湯気がたてばすぐに70%くらいになりますよ。うちの家は室温湿度計を5コばらまいています。今の時期はあっという間に40%切りますので注意してます。

ところで僕のギターは11本全部Ex-Lightです。しかもD28は半音下げてチューニングしています。これは3弦の開放のG音がウルフトーンになっているからです。開放弦にウルフがくると弾きにくくて仕方ないのです。

そして僕の弾く音楽はほとんどがフォークソングです。
僕がギターを弾くきっかけとなった、長渕剛、松山千春、サザン、日本の歌謡曲ならなんでも勝手にアレンジして弾きます。
アルペジオや3フィンガーやストロークがメインでインストやフィンガーリングはないです。
Commented by カズトシ at 2007-10-22 17:27 x
うちはマンションなので、大丈夫です。東京なので、関西とは気候が異なるかも知れませんが、部屋の中で50%を切る事はありません。
長渕、松山千春、サザン、J-popなら、せめてLightが良くないですか?
ウルフトーンも弾き込んで治す(というか、目立たなくする)方法もありますし、出来ればmediumで弾き込んでみる選択は無かったのでしょうか?(後学の為にも教えて下さい)
釈迦に説法ですが、Martinのドレッドは、推奨弦をmediumに指定してますし、Ex-Lightだと、F1マシン(D-45/D-28に限らず、特にハカランダ材のギター)にタイヤだけ乗用車のもの履いてるような感じで、ギターの持っている能力を生かし切れないような気がするのですが、そんな事は無いですか。(すいません、失礼を承知で書かせて頂いてますが、どうにも不思議なので!)
Commented by ゼク at 2007-10-22 19:58 x
おそらくMARTINをお持ちの方はほとんどミディアムゲージを張ってると思いますし音も張りのある大きな音が出ると思います。
ただ僕には弾きにくいのです。これは趣味で自分の満足する方法で弾くのが一番と思い僕はEx-Lightを使い続けています。
ウルフトーンもかなり色んな方法を探りましたが弦を換えても問題は解決しませんでした。やはりGと言う固有の振動数に対してTOP板が共振しているのであって弦の太さが変わっても振動数は変わらないので全く意味がないということです。簡単に言えばEx-Lightでもヘビーゲージでもチューニングマシーンは1台でいけます。結局はG音の振動数をずらすしかないのです。TOP板の裏にスポンジを張ったりしましたがやはり効果はありませんでした。
Commented by カズトシ at 2007-10-24 13:08 x
ゼクさん、ウルフトーンについて、流石、色々と試されてますね。(感服しました)
ただ、私が申し上げたのは、弦をMidiumかせめてLightに換えて弾き込んでみる(多分、数十時間以上は必要でしょう)と、目立たなくなる可能性があるのでは?という事で、換えただけでは、効果は出難いと思われますが、確証はないので、戯言だと思って聞き流して下さい。
ゼクさんのサイトを色々見させて頂きました。
ゼクさんは、仮にCollectorとPlayerという分け方をするのであれば、Collector側の方だったのですね。
申し訳ありません、Player色の強い方だと勝手に誤解していた為、失礼な発言が多々ありました事、お詫び致します。
私は、ギターテクニックやセンスの向上が第一で、テクニックやセンスの向上に合わせ(少し背伸びもしますが)ギターもランクアップさせて行くのが楽しいので、メンテナンス等に関しては、必要最低限の事は勿論しますが、それ以上は頼れる方に任せる方が自分の性に合ってます。
今までの非礼をお許し下さい。
また、今後とも宜しくお願いします。
Commented by ゼク at 2007-10-24 15:21 x
僕は自分ではコレクターと思った事はないですよ。僕の中のコレクターとは集めるだけで弾かない人と思ってます。プレイヤーか否かは技量や頻度の問題ではなく大げさに言えば僅か3コードでも自分の心行く満足な演奏が出来たらそれは立派なプレイヤーです。テクニックの向上を目指すのもよし、毎日同じ曲を弾くのもよし、そのギターを見てではなく弾いて癒されるならそれだけでギターは喜んでいますよ。
Commented by カズトシ at 2007-10-24 16:23 x
また失言のようで・・・申し訳ありません。
私の中では、Playerとは、そのギターの持っているPerformanceを最大限に発揮出来るようPlay(テクニックのみならず)に磨きを掛ける人。その上でプロは、演奏の上手い下手だけではなく、感情表現も含めて、演奏により他人に感動を与えられる人(作詞・作曲能力は置いといて)。アマは、誤解を恐れずに言えば、自己満足の領域から出られない人(勿論、私はアマです)。
Collectorとは、そのギターの最大能力を自分のPlayにより発揮する事を目指すのではなく、とにかくきちんとした管理(勿論きちんと弾く(鳴らす)事により材に好影響を与える事も含め)を心掛け、行き届いた状況に気を配る人。(プロ・アマ問わずギタリストのギターは弾き込む事により、結構傷が付いたりしますが、そういった事は好まない人・・・綺麗な状態を維持したい人)
という区分けです。
しかし、自分から言い出してしまって恐縮ですが、別に議論するような事ではないですね。(様々な人が自己評価の中でCollectorなりPlayerだと思っていれば良い事ですものね。)
謝ってばかりですが、失言、平にご容赦下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード