サイド&バック材

ご存知の通りアコースティックギターは木で出来ています。
穴の開いた方をTOP板、裏側をバック板、そしてサイドはサイド板です。

TOP板はだいたいが、
シトカ、ジャーマン、アディロンダック、えぞ、等のスプルース材で出来ている。
これらは一見して見分けるのは非常に難しい。
木目も板目はなくてほとんどが超柾目であります。目の詰まり方で木材の硬さが変わるか
どうかは分かりませんが昔は目が詰まってるほうがいいとされていた。
しかし、最近MARTIN社ではVモデル(GE,Au)のTOP材にはアディロンがよく用いられ
木目が広いほうがいいとされています。木目が広いほうが柔らかく深い音になるんでしょうか。

さて、表題のサイド&バック材ですが、
大きく分けて、マホガニー系、コア系、ローズ系があります。

この3つの系統はおそらくギターが作り始められた最初から手に入りやすく丈夫で硬くて
よく響くなどの理由で容易に選ばれたのがよくわかります。

しかし何百年のうちに木材は無くなっていきました。

その代表例がブラジル産のローズウッドです。
ブラジル産ローズウッドをハカランダというのでありますが、おそらくブラジルの山のどこに
でも生えていた木だったと思います。この木がギターに最適ということで用いられたのですが
MARTIN社でも疑いもなくブラジル産ローズが使われていた。
この頃のMARTIN社のカタログを見るとブラジル産ローズウッドとはどこにも書いていません。
単にROSEWOODとあります。

このことから1900年初頭ではローズといえばブラジル産であったと思われます。
もちろん1941年以前のいわゆるプリウォー(戦前)モデルにも当然のようにブラジル産ローズ
が使われています。この頃の状態のいいものでしたら200万ちかくになっています。


ところが各社がブラジル産のローズを伐採するのでついにMARTIN社でも1969年に
ブラジル産から東インド産のローズに切り替えを余儀なくされました。


ここからが問題です。




ようするに今日のハカランダ高騰はこのことから始まっています。
今でもMORRIS,YAMAHA、Y.Yairi等も若干のハカランダ材は持っているようですが
50万以上の商品になります。


そこで、出てきたのが、

ココボロ(サザンアメリカンローズ)
ジリコーテ(シャム柿)
アフリカンローズウッド
マダガスカルローズウッド
ニューハカランダ(ホンジュラスローズウッド)

諸々の木材です。

これらはブラジル産ローズ以前にはほとんど使われてなかったと思いますが、
最近、やけに目がつきます。
とくにマダガスカル産ローズはMARTIN社でも正式ラインナップにありますし、各社勢力的に
使用しています。そしてこれらの木材ははっきり言ってブラジル産と見分けが難しいのです。


ここからが僕の言いたいところなんですが、
1969年以降のギターでハカランダ(ブラジル産)と言いながらこれらの木材を使っているもの
が少なからずあるんではないかと言う事です。

特にニューハカランダと明記されているものは実際怪しいものもあるようなないような感じです

ここで気をつけなくてはならないのが、

ハカランダ = ブラジル産ローズ  では無いことがあると言う事です。

ハカランダは上記の5種類の木材も含まれている可能性もあると言う事です。
これはショップではなく製作者が決めることですからなんとも言えませんが、
製作者の解釈でこれはハカランダで出来ていると言えばハカランダなのです。

しかし、それはブラジル産とは限りません。

ショップにおいては明確に表示を分けているところもあります。

ハカランダ、もしくはジャカランダとあるものは、ジリコーテ、ココボロ、アフリカン、ホンジェラス
の可能性が少なからずあるということです。

これは前記のように製作者・メーカーが決めることでショップが決めることではありません。


こう思えたのも、ハカランダ単板と書かれている木がどうもブラジル産ではないものがあると
思えるものがあるからです。結局はハカランダ=ブラジル産ローズかどうかの論議になります
が、我々ギターファンが気をつけないといけないのが、ハカランダという木そのものが
現在では少し以前のハカランダの解釈とずれているかもしれないと言う事です。



以上、これは僕個人の見解です。
全てが確信的に言っているのではありませんので参考程度で読んでください。
[PR]
by koyo1378 | 2007-11-27 12:48 | こぼれ話 | Comments(19)
Commented by ヤスオ at 2007-11-28 01:46 x
ゼク様こんばんは。初めて書き込みさせていただきます。

以前からゼク様のHPを拝見させていただいてます。
以前他の方とのやり取りで、プレイヤーかコレクターかという意見があり
私から見てもコレクターの部類に入ると思われます。
本人はプレイヤーと言い切っているようなので、そこら辺は個人の自由ということで・・・

ゼク様はハカランダのギターをコレクトしているということで
正直羨ましいとさえ思えてきます。

ただ、私的に思うのは、ゼク様の書き込みではマーチンのハカランダこそ
最高の一品だというコメントが非常に多く感じます。
もちろんモーリスやヤマハのハカランダも良いものと書かれてますが
自分がお持ちの69年以前のハカランダが絶対的!な書き込みもあります。

私はギブソンのAJ(ハカランダモデル)を所有してます。
でもゼク様の書き込みを見る限りでは、世界のギブソンでさえも
ガセでハカランダを使用しているという可能性があるという書き込みに思えます。

そこら辺はどう考えてますか?
一つよろしくお願いします。
Commented by ゼク at 2007-11-28 09:17 x
ヤスオ様、どうも初めまして。初書き込みありがとうございます。
私の文章を読んでもらえれば分かると思いますが、どの木材を使用して
いるかはメーカ表示を信じるしかありません。
もしGibson社の公式HPやカタログにAJのサイドバックがSolid Brazilian Rosewoodとあればブラジル産ローズウッドでありますし、Solid Jacaranda とあればハカランダと言う事です。僕にはそれしか言えません。MARTIN社のHPには例えばD28GEには、Solid Brazilian Rosewoodとあります。この場合はメーカーがそう言っているのでブラジル産のローズウッドだと言う事になります。もちろんSolid Brazilian Rosewood = Jacaranda だとは思いますが、100%言い切れるかは分からないのでは?という今回のスレッドでした。
Commented by nakita at 2007-12-03 14:56 x
お久しぶりです!

ハカランダ・・・。プレイヤーにとってもコレクターにとっても、
確かに魅力的な響きですね・・・。

ゼクさんの言う「我々ギターファンが気をつけないといけないのが、ハカランダという木そのものが
現在では少し以前のハカランダの解釈とずれているかもしれないと言う事です」

とありますが、気をつけるという意味は、どう言う意味ですか?
食品の表示義務並みにハカランダはブラジリアンのみ!としたほうが良いという事ですか?

それとも、偽モノ(何が偽かわかりませんが)を買わされるな!という意味ですか?

解釈云々よりも、ハカランダとしたほうが皆が欲しがるからじゃないですか?

(合板でもハカランダは高いです。でも音はそれより安い単板の方が、
間違いなく音は良いです)

個人的には、ブラジリアンかどうかって事が、そんなに重要なのかどうかが良く解らないもので・・・。
Commented by ゼク at 2007-12-03 23:34 x
nakitaさんこんにちは!
僕は、ハカランダと言うだけで凄く高価になっているのが気になります。
特に1970年代の最初の方では今のようにココボロや、アマゾン、ホンジェラス、ジリコーテという風に分けてなくて、単にハカランダと言う表記が多かったように思っています。もちろんハカランダだから音がいいなんいて事はありません。ですからハカランダ=ブラジリアンのみって言うんじゃなくてハカランダ=ブラジリアンではない事があると言うのを心の片隅にでも置いていたほうがいいですよ、って事ですね。

僕もこの事はショップのオーナーから聞きました。非常に勉強になりました。
Commented by ヤスオ at 2007-12-04 22:17 x
話が盛り上がっているようなので、ついでに書かせてもらいますが

>特に1970年代の最初の方では今のようにココボロや、アマゾン、ホンジェラス、ジリコーテという風に分けてなくて、単にハカランダと言う表記が多かったように思っています。

この頃のハカランダの表記のあるギターは、ブラジリアン・ローズウッドではなくて、上記にある木での製作であるということなのでしょうか?

それは事実であり、確信のあることなんでしょうか??
Commented by うえ。 at 2007-12-05 02:05 x
ギター材に使われるのはマメ科、観賞用に使われるのはノウゼンカズラ科。どちらもJacaranda(ハカランダはスペイン語、ジャカランダは英語)・・・と私が知っているのはそれぐらいですが、ブラジル周辺の国々で採れるローズウッド類を総称してJacarandaと呼び事もあるそうです。
そもそも、ハカランダの語源を知ってる方がいたら私も教えて欲しいのですが・・・知らないので私なりに想像してみました。買付業者が「ハカランダって語感が良いし、営業的にも似た材はすべてハカランダと呼んでしまおう」と思っても不思議ではないし、大らかな時代だったであろうし、誰も困らなかっただろうから、混同したまま今日に至る・・・と、そんなところじゃないでしょうか?あくまで想像です。
Commented by nakita at 2007-12-05 03:51 x
たびたびすいません。
古い(80年頃)の各メーカーのカタログを持ってますが、当時はハカランダでもまだまだ安かったですし、
材の説明にハカランダまたはローズウッドなんてメーカーもあります(笑)
うえ。さんのおっしゃる通り、適当だったのかもしれませんね。
当時は現在のような熱狂的ハカランダファンも少なかったでしょうし。
僕も高校生の時に買ってもらったK.YAIRIがハカランダだと分かったのは、ず~っと後になってからです。当時は変な木目!と思ってました(笑)
Commented by ゼク at 2007-12-05 16:04 x
ヤスオさん、こんにちは!
「この頃のハカランダの表記のあるギターは、ブラジリアン・ローズウッドではなくて、上記にある木での製作であるということなのでしょうか?」
とありますが、そんなことはないと思いますよ。もちろんハカランダと書かれているものでブラジリアンのものもあると思いますよ。
ただ、シャム柿やアンデスローズ、コーラルローズという風に書かれているものはそれで間違いないでしょうが、ハカランダとだけかかれているものは、うえ。さんのコメントの通りその辺りでとれた木で造ってる可能性もあるということです。とくにアマゾンローズとブラジリアンローズとマダガスカルローズはそっくりですよ。木材を伐採して売るほうもジャカランダとして売った可能性があるかもしれません。
今でもYAMAHAはおそらくハカランダ表記です。ブラジリアンローズと表記したことはないかもしれません。だからYAMAHAのハカランダモデルはあくまででもハカランダモデルなんですよ。

Commented by ゼク at 2007-12-05 16:13 x
うえ。さん、この話はいろんなところの掲示板で既に語りつくされたかんじがしますね。しかしここ1年でマダガスカルローズが増えましたね。
聞くところによるとこの木はブラジリアンをマダガスカルに持ってきて植えただけだけで中身は完璧なブラジリアンらしいです。余計にわからなくなりましたね。
Commented by ゼク at 2007-12-05 16:19 x
nakitaさん、1969年にMARTIN社がブラジル産から東インド産のローズに換えた時もどちらでも選べたそうです。新しいもの好きな人はインドローズをえらんだようですね。ブラジリアンがこんなに高騰するなんてその時は誰も思わないですからね。
K,YairiのHPではハカランダ=ブラジリアンローズだと明記され、コーラル等と分けられていますので、K,Yairiのいうハカランダはブラジリアンローズだと分かります。
Commented by とらねこ at 2011-02-10 01:18 x
だいぶ遅れのカキコさせていただきます。
アンデスローズ・・のカキコがあったので・・
モーリスの80年~のカタログにはW40がスプルース/アンデスローズと表記があります。その上のW50にはスプルース/ハカランダ・・と。
なんで、モーリスはそこら辺区別していたようですが、WEBの写真を見る限りは私には煮ているように見えました。
(こぼれ話は、78年のカタログはW40=4万円で先のW50=5万円のスペックです。ちなみに78年W50はスプルース単板/ローズだった)
Commented by ゼク at 2011-02-11 01:06 x
とらねこさん!やはりアンデスもコーラルもほとんど良く似たローズ系の木だと思います。

全部をまとめてハカランダと呼んでもおかしくないですね。
昔はいろんな木をハカランダと呼んでいたのではないでしょうか!
Commented at 2011-03-04 16:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kurdt at 2012-01-23 16:09 x
はじめまして。

ハカランダに魅了された一人です。

楽しく拝見させて頂きました smile

僕は、プレイヤーでもあり、コレクターでもあり、ルシアーでもある人物です。  よくあるパターンではなく、左利きで納得のいくギターが無いため、仕方なく自分で というパターンです。

製作はアコースティックギターではく、大手ブランドの〇〇ポール、〇〇キャスターなどを、材料指定からフィニッシュまで、様々なソリッドギター製作を目黒区で行っております。 

そこで  ハカランダ!!  

やはり、注文主の9割は、フィンガーボードに ハカランダ を要求してきます。 その際、明確にブラジリアンローズと指定を受けない限り、学名である DALBERGIA NIGRA つまりハカランダと分類される材を使用します。マダガスカルローズですね..  また、ニューハカランダと呼ばれる材を使用する時もあります。 ホンジュラス、ココボロ、アンデス、グラナディロ..

最高の音=ハカランダ という信仰がありますからね 笑

Commented by kurdt at 2012-01-23 16:10 x
確かに最高の響きを持っています。 ですが、それはブラジリアンローズウッドに限ってです。

プレイヤーやコレクターの方は、ハカランダを視覚、聴覚、嗅覚、触覚で判断するでしょう。 

そして、大体の方が、これはブラジリアンローズウッド、つまりハカランダです。と言えば、マダガスカルローズでもココボロでもホンジュラスローズでもアンデスローズでも、信じてしまいます。

そこで絶対的な 違い を主観で言いますね。

生木を製材から扱う者からすると、まず芳香が全く違います。ブラジリアンローズウッドは凄まじい芳香で、バラに松茸の香りを足したような匂いです。
同種であるマダガスカルローズウッドは、不思議な事に、あまり芳香がありません。
亜種であるココボロやホンジュラスローズの方が圧倒的にブラジリアンローズウッドに近いのです。

Commented by kurdt at 2012-01-23 16:11 x
また響きも違います。1/2インチ厚、おおよそ12mm、幅120mm、長さ600mmに製材し、耳にあて、耳から一番遠い下の部分を、指でたたく、全体をさする、同じ材で叩く ...

これを材ごとにやってみると、これまた材の違いがはっきりと
分かります。 例えますね。

Commented by kurdt at 2012-01-23 16:13 x
エボニー。
指で叩くと残響音が適度にあるコンッという響き。
さすると全体的に音の違いはなく、少しの指の動きで材の中から高域の音がします。例えると、アコギのG、3弦をさする音に似ています。耳にピッタリとあてていても、指と材の摩擦音が少しします。
同じ材で叩くとキンッと金属質な高域音。残響音ももの凄いですが、音が伝わってくるというのを事前に頭で理解しているので、耳障りではないです。むしろ心地よいです。

ブラジリアンローズウッド。
指で叩くとコー〜ーンと残響音が凄い響き。
さすると全体的に音の違いはやはりなく、残響音がとにかく凄い。例えると3弦と4弦と同時にさすった音。指の動きや摩擦音は残響音でかき消されますので極端にありません。 材の中にコンサートホールがあるようで心地よいです。
同じ材で叩くと、キーンッという音の伝わりがまさに音速で、頭で理解している予測を超え、ビックリします。残響音も凄いので、鼓膜が痛い程です。 心地よいとは言えないです。
Commented by kurdt at 2012-01-23 16:16 x
ニューハカランダと呼ばれる材。
指で叩くと、タンッ トンッ という響き。残響音はあまりないです。
さすると全体的にばらつきがあり下が6弦〜中心6弦と5弦〜耳に近いところで5弦の音といった感じです。残響音は少ないです。
同じ材で叩くと、カーンッという音がします。適度に残響音があり、摩擦音もあり、癖が無い音なのかなとも思います。

ブラジリアンローズウッドに響きが近い順に

ココボロ
ホンジュラス
マダガスカル
アンデス
グラナディロ

こんな感じです。

初コメでした。
Commented by SubwEloma at 2018-02-11 15:16 x
<a href=http://subwaysurfershacks.hatenablog.com>subway surfers hack apk</a> subway surfers hack ios
http://subwaysurfershacks.hatenablog.com - subway surfers hack apk ios
名前
URL
画像認証
削除用パスワード