やっぱり・・・・・・・

昔、ここで書いたんですがギターって言うのはたくさん持っていても最終的には好きな3本に
なってくると言うものです。
やはり弾く時間が限られてくるとたくさんのギターを均一に弾いてやることは難しくなります。

そして好きな音の傾向も分かってきてそんな好きな音を出すギターばかりに手を出すように
なります。するとあまり弾かないギターは拍車をかけて弾かなくなります。

数本のギターをお持ちの方は経験のある事だと思います。

とは言っても現在11本のギターを3本に減らすのは難しい。
それとも何本かまとめて1本のギターに換える方がいい?

まぁ、3本とは言わなくても5本くらいにまとめたほうがいいのか現在思案中でございます。

そんなところ皆さんはどうしているんだろうか・・・・・・。

<追記>
ちなみに今よく弾いている順でいくと(それでも最近は時間が取れなくなりギターを触る時間が
減少していますが・・・・)

1  MARTIN D28
2  YAMAHA LL55D
3  MARTIN o-18
4  MARTIN D45
5  MORRIS M151
6  MORRIS MF
7  YAMAHA FG250M
8  YAMAHA APX10S
9  MORRIS M4501S
10 GIBSON J160E
11 YAMAHA FG-JR

こんな感じでしょうか・・・・
[PR]
by koyo1378 | 2008-02-16 15:35 | ギターについて | Comments(15)
Commented by ぴーくん at 2008-02-16 20:49 x
 一つの目安としてですが…。
 持っていても1年以上弾かないギターは今後もおそらく使う機会が少ないでしょうから処分を検討した方がいいです。あと、似たようなタイプのギターは最上級モデルに手が伸びることがほとんどですから、それもまとめてしまうとか。ワタシの場合ですと、LL-33Jを入手してすぐにLL-23Jを委託に出しました。こんな場合だと23Jを手に取ることは少なくなりますから。

 それと、これは異論があるかも知れないですけど、「青春時代のお友達」というギターも案外弾かなくなるんです。これは処分するのには抵抗があるでしょうから難しいところですけどね。
Commented by ゼク at 2008-02-16 21:02 x
さまにぴーくんさんの言われる通りですね。
一番最初に買ったYAMAHA FG250Mも弾きますがやはり音はLL55Dには全く敵いません。同じようにAPX10Sは生音は期待出来ないですが青春の思い出があります。高校生の時に真夏の暑い日にバイトしたお金で買ったんです。ギブソンのJ160Eも以前は毎日のように弾いていましたが今はあまり弾きません。
こう考えると想い出のギター<よく鳴るギターなんでしょうかね・・・。
やっぱりLL55Dの音が僕の求めるYAMAHAサウンドなのでこれ以上はいらない気もします。しかし売るとなると幾らにもならないし想い出が邪魔をしてなかなか難しいですね。
Commented by ぴーくん at 2008-02-16 21:27 x
 どのギターをどうされるかは別として…。

 処分するなら「委託販売」に出す方がいいです。自分は使わなくても他に欲しい人はいるかも知れませんし。時間がかかるのはしょうがないですが、おそらくすぐに金子が必要ということでもないんでしょう。

 処分しようと思ったら、ご自分が一番信頼できると思うお店に相談してください。
Commented by ゼク at 2008-02-16 21:44 x
正直言いまして、現金に換金とは思っていません。僕も今まで3本を売った経験があります。何度か売り買いを繰り返して自分の究極に好きな音を集めたいと思います。しかし年齢とともに好きな音が変わってくる場合もあります。その時はそのときで・・・・。
Commented by kiya at 2008-02-16 23:17 x
現在6本のギターを所有していますが、私も最終的には3本くらいに絞りたいと思っています。
ローズ系のものを2本とマホものを1本残すのはどうかなと考えています。
年内に1本増えそうなので、そろそろ整理が必要です、もう隠すところがないのでw
Commented by ゼク at 2008-02-16 23:46 x
やはりkiyaさんも3本ですか!僕もやっぱりローズ系とマホは残したいです。きっとo-18は残りそうな気がします。こいつは気合を入れないで弾くには最高のギターですから。しかしローズ系がまとまりつきません。
数本まとめて1本にするのか・・・・・・、ただやはり大事なのは気に入った音とネック状態とセッティングです。やはりつい手が出るのは弾きやすく好きな音が出せるギターですからね!
Commented by ぴーくん at 2008-02-17 00:00 x
 何度もすみません。ワタシの場合、手放したギターは大体次の通りです。

 CPX-10…ライブをやってますが、そんなに頻繁に行う訳でもないので、活発に活動している同じ仲間の方に安く譲りました。大事にライブでもプライベートでも使ってくれているのでこれは非常に嬉しいです。

 LL-23J…LL-33Jを上手くGET出来たので似た系統のギターということもあり委託販売に出し、そのお金を頭金にしてLJ-36 セミカスタムを入手。36が凄くいい出来に仕上がっているのでこれまた満足。23Jのオーナーは不明。

 FG-250D…先に言いました「青春時代のお友達」ギターです。数え切れないほどの思い出(むしろ苦しかったことの方が多い)が詰まったギターで、弾く弾かないにかかわらず持っておきたかったのですが、今の自分と照らし合わせ、「過去と決別」という意味合いも込めて、信頼している楽器店にあげました。ギター教室で余生を送っているということ。

 他にもオークションで入手したギターを修理して委託に出したりとかがありますが、大体こんなところです。どの場合でも愛器との別れは寂しいですが、CPXのような例は希としてもきっと大切にされていると信じております。
Commented by ゼク at 2008-02-17 00:09 x
ぴーくんさん、どうもありがとうございました。
確かに愛器との分かれは寂しいですね。僕の場合も行き先はわかりませんが元気に弾かれていることと思います。
ギターをやってる友人が近くにはリアルではいないので友達に売るということが出来ません。しかし僕はYAMAHA FG250Mだけはきっと売れないと思います。25000円だったんですが、23年前のクリスマスイブの日に重病から退院したばかりの母が杖を突きながら楽器屋まで一緒に行ってくれて買った僕の1号機ですから。これだけは青春の思い出だけでは片付けられない私の大事な相棒ですので。
と言っていたらなかなか減りませんね・・・・。
Commented by うえ。 at 2008-02-17 16:10 x
私も最低限、必要なギターさえ手元にあればそれで良いという理由で処分して来ました。ところが頻繁に弾かないけど、ある日、突然弾きたくなることがありまして、そうなると処分したことを悔やんでしまうのです。
ただ、学校の卒業と同じで、その時代は一緒に苦楽を共にした、でも今は別々の道。という友もいれば、一生の友もいる。なければないなり。考え方ひとつだと思います。
手元のギターではYAMAHA FG-201Bという中学卒業記念にオヤジに買ってもらった2万のギターは私の黎明期を支えた1本なので弾かないけど捨て難く、YAMAHA LL-45Dは私のアコギ歴そのものですから、これは最後に残る1本となりましょう。
ちなみに最近の頻度は・・・YAMAHA SLG-100Sが圧倒的に多く、あとはCat's Eyes CE-1000。残りは似たり寄ったりです。もし、3本だけ残すとしたら、YAMAHA LL-45D、Martin D-45、Gibson MontanaGoldかな。なんとなく反比例していて、アハハ(^^;
Commented by ゼク at 2008-02-17 17:08 x
うえ。さん、どうもありがとうございます。やはりギターも友人と一緒かもしれませんね。相性もありますしずっと離れられないギターもあるかと思います。しかし3本残すとしたらLL45D、D45、MontanaGoldですか。
しかしなかなか本当に難しい選択ですね。
その3本の音は全部違う性質ですか?同じ性質ですか?
Commented by seaside106 at 2008-02-17 19:39 x
こんばんは。

似たような2本・3本をまとめたようないい1本が無いか・・・。

そしてまた、なぜか1本ふえてゆく・・・。

微妙な違いでも、同じではないということではどれも同じ???
材は同じでもどれとして同じものはないですもんね。
それに思い入れが加われば・・・。

1本1本大切にしなければ・・・と思いながら大事な1本がまた増えていくという。
Commented by ゼク at 2008-02-17 20:55 x
はい!そうして11本まで着ました。音の違いは自分では分かっていても
微々たる違いだと思います。せめて3本なら頻繁に全部を弾いて上げれるのにと思います。
Commented by うえ。 at 2008-02-17 21:50 x
> その3本の音は全部違う性質ですか?同じ性質ですか?
ギターという楽器は所詮道具なのだと思っても・・・残したいかどうかは、そのギターに込められた思い入れの重さの違いかも知れません。音色なら理論上はお金を出せば手に入ります。残したいギターはお金に換えられないものばかりです。LL45Dは先に書いた通りですし、D45は夢の実現の為のプロセスとして直接交渉の末のサイン入り、などなど。。。そう考えるとHD-28Vカスタムも捨て難い(笑) seaside106さんのお書きの通り、思い入れかも知れません。
Commented by kiya at 2008-02-17 22:19 x
皆さん、こんばんは。
私が残すだろうと思うギターの中でマホはSUZUKAWAで決まりですが、ローズ系は流動的です。
ということで今後はローズ系のモノを買っては売り、売ってはオーダーを繰り返すと思いますw
Commented by ゼク at 2008-02-17 23:11 x
この思い入れと言うのが邪魔をしているのかもしれませんね。
しかしやはり想い出も大事と思ってる自分もいるんです。
高価でも最近買った方が愛着はないですからね。
しかし本当に難しいですね。
僕はネックリセットまでして自分が完成図まで書いて調整してもらって
本当に弾きやすく大好きな音になったMARTIN o18はずっと持っていたいです。そのほかのローズ系は音質はやはり似ていますからね・・・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード