YAMAHA 2008カタログ

最近、楽器店にてYAMAHAの2008年ギターカタログをもらってきました。
特に昨年までのものと変化はないようです。

しかし新LLになって4年目でしょうか、どうも最近のLLってあまり見かけません。
2004年までの旧LLと比べると値段が爆発的に上がったことも考えられます。

a0083903_21275158.jpg


確か、旧LLではLL55DRが50万円くらいだったと思いますが、
新LLではこれがLL66になって90万円弱になっています。この倍近くの金額がネックに
なっていると思います。もちろん昔からカスタムメイドのLL55D,LL53D等はそんなに
売れていなかったと思いますが、中古市場を見ると結構出回っています。
という事は新品で購入した人がたくさんいるということになりますね。

ところがLL66,LL86はほとんどみかけません。

a0083903_21304228.jpg


楽器としての構造的なものは間違いなく旧LLより進化していると思います。
TOP板もえぞ松かたイングルマンスプルースに変わり3Pバックもラインナップがありません。
LL120MSという旧LLからの生き残りのギターのみ3Pバックハカランダが採用されていますが。

本当にYAMAHAはMARTINと比べても造りの繊細さは間違いなく上なんですが、
どうもこのフラッグシップモデルが見えてこないのが気になります。


といいながらも旧LL派の僕は複雑な思いをしています。
昔のようにえぞ松TOPの2Pバックハカランダのファンが多いんでしょうかねぇ~~。
[PR]