ひさびさにD-28

a0083903_2052141.jpg


このD28は1967年ですが本当に最後の本柾目というくらいに柾目のブラジリアンですね!
今はこんな柾目ほとんど見なくなりました。どうみてもインドローズですね!!

それにしてもこの頃のD28は本当にスタンダードな音だ!簡単に言えば普通の音だ!!
しかしこの限りなく普通の音が実は究極の飽きない音だと僕は思っている!
[PR]
by koyo1378 | 2009-06-04 20:55 | ギターについて | Comments(2)
Commented by abu at 2009-06-06 13:11 x
ゼクさん、こんにちは。abuです。
まったく、おっしゃるとおりだと思います。
D-28の限りなく普通の音が、じつは究極の飽きない音でしょう。
言ってみれば、D-28はご飯と味噌汁、お新香のようなものだと思います。毎日食べても飽きないし、その中でも良質のものに当たるといっそう美味しくいただけるという感じでしょうか。(笑)
Commented by ゼク at 2009-06-06 16:18 x
こちらにもありがとうございます!!
やはり世界中のメーカーやルシアーの方が基本もしくは究極の目標と
するD28なので凄いと思います。
僕の個体はバックにオーバースプレーがされていますのでやや鳴りが
変わっているかもしれません。それ以外は気に入っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード