難しい・・・・・

最近、よく弾くギターと弾かないギターがはっきりしてきた。

今はまだ手元に11台のギターあるが、いろんな時間の関係上全部を弾くことは
難しくなってきました。そこで同じ系統のギターを何本か売りに出そうかと迷うも、気に入って
買ったものだからなかなか実行できなくている。

僕は自分ではコレクターではないと思っているのでギターはやっぱり弾いてやりたい。
少なくとも2日に1回は弾いてやらないとかわいそうだ!

しかしそれを満たすギターは数本しかないことに以前から気付いている。
MARTIN D-45 CFM Dx
MARTIN D-28 ('67)
MARTIN O-18 ('49)

う~~ん、MARTINばっかり弾いてることになります。

YAHAMA FG250Mでギターを始めて20年以上YAMAHA一筋だったが、初めて憧れのMARTINを
購入して約2年半、その音が好きになってしまってどうしようもなくなった。

僕は長い間MARTINは避けて通っていた。それはMARTINは高級品!しかも舶来なので僕には
似合わないと信じていました。ところが一番最初に買ったMARTINがD-45 CFM Dxだったのが
いけなかったのか、その音色に違和感を感じながらも惚れこんでいくのでした。

YAMAHAやMORRISとは全く違う音色に最初は戸惑いましたが、その深くスタンダードな音は
やがていつまで弾いていても飽きない音に変化しました。

もちろん僕の憧れだったYAMAHAの最高峰のLL-55D(BR)もそれはそれで素晴らしいが、
線が細く軽めの音しか出ない感じがします。ところがMARTIN D-45 CFM DxはEx-Lightでありながら
LightゲージのLL-55Dの倍は鳴っている感じがするのであります。

特に6弦の深さは初めてギターの生音を聞く人でもすぐに分かると思います。
そんなこんなでもちろんLL-55Dの音が欲しい時はそちらを使いますが、今はもっぱらD28かD45が
多くなっています。

僕のD28は1967年のものですがおそらくロングサドルの50年代のものになると、もっと音が深くなると
思っています。ロングサドルは普通ブリッジに接着されていてしかも幅が広いので弦の振動をそのまま
ブリッジに100%伝えてそこからブレージングを伝わってTOP板を存分に震わしている感じがするので
あります。D45 CFMもO-18もロングサドルなのでそう言う感じがしています。


ごちゃごちゃと書きましたが、ひょっとしてしばらくすると私のギターがどこかのショップで売られているかも
しれません!そのときはよろしくお願いします(笑)
[PR]
by koyo1378 | 2009-06-29 17:02 | ギターについて | Comments(12)
Commented by abu at 2009-06-30 15:12 x
ゼクさんも、ギターで迷われる時期に入ってこられたようですね。

Martin がなぜいまだに王者でいられるのか?
その理由がまさに、ゼクさんが「 Martin ばかり弾いている」と書かれていることだと思います。

他のギターと違って、 Martin は飽きないんです。

それがすべてだと思います。
Commented by ゼク at 2009-06-30 15:28 x
abuさん!僕が初めてギターを弾いたのが1985年ですので24年になります。
その24年間でMARTINを弾いた期間はわずか2~3年。
僕もいろんなギターを弾きましたがやっぱりMARTINは凄いですよね。
もちろんその強烈なブランド力に判断が惑わされているかもしれませんが
音があたたかいいんですよねMARTINは・・・・。
間違いなくそれだけは言えますね!
Commented by abu at 2009-06-30 16:54 x
ゼクさん、ブランドはその商品が優れているからこそブランドとして成り立つわけですよね。 Martin はまさにその典型だと思うのです。

音色の甘さ、暖かさ。
おっしゃるとおり、それが Martin の特徴です。
そしてそれゆえに、もっとも心に響く音色なのだと思います。
Commented by ゼク at 2009-06-30 19:39 x
abuさん!確かにMARTINはいいですね。
僕は新品のMARTINを弾いたことがないのですがやっぱりいいんでしょうね。
Commented by abu at 2009-06-30 20:32 x
最近の新しい Martin もそれなりにいいですよ。
ネックの仕込み角などから、ハイポジションなどは最近のもののほうが弾きやすいものが多いです。
時代とともにいろいろ変わってはいますが、それでもやはり Martin は Martin です。

あと、近年のロングサドルはほとんど接着されていますが、64年までのロングスロットサドルは接着されていないですよ。
Commented by ゼク at 2009-06-30 21:58 x
abuさん!僕もO-18をネックリセットした際にネックの角度を変えて
もらいました!それでいて高フレットでもビビらないのが現在の
セッティングみたいです。
しかしロングサドルで接着されてないと横にズレませんか??
Commented by abu at 2009-07-01 10:00 x
当然、横にずれることもありますよ。
弦を張り換える際に正しい位置にあることを確認するのが基本です。(笑)
Commented by ゼク at 2009-07-01 10:46 x
abuさん!なるほどです!では僕の1949のO-18も接着されてないのかもしれませんね。
勉強になりましたよ!
Commented by abu at 2009-07-01 11:21 x
逆にいうと、最近のロングサドルはなぜ接着してしまうのか不思議です。
おそらくはずれないようにと単純に付けちゃうだけなんでしょうけど。

個人的には、サドルの長さによる音の良し悪しはほとんど影響はないと思っています。その下にブリッジがあるわけですからね。ですからブリッジの大きさはかなり影響があると思います。

サドルもナットも同様ですが、できるだけ接着はしないほうが望ましいと思っています。それなりにきっちりはまっていることが条件ですけどね。

接着剤をつけると、よほど薄くつけない限り接着剤そのものが固まって間に残ってしまいます。クルマでいえばサスペンションのようになってしまうわけです。
それはかなり音に影響するので、できるだけ何もつかずにはめ込むほうがいいわけです。
Commented by ゼク at 2009-07-01 15:21 x
僕はなんとなくですがロングサドルの方はブリッジと接地面積が
大きいので音が伝わりやすい気がしています。まぁ、気のせいでしょうが・・・・。

それと普通のサドルは接着してないので出来たらロングサドルも接着
なしで行きたいですね。
Commented by なんちゃってブルーズマン at 2009-07-07 00:06 x
こんばんは!
Martinは良いですよねぇ~。
私は、1本しかMartinを持っていませんので、1本のMartinしか知りませんでした。
先日ゼクさんのMartinを弾かせてもらって、やっぱり良いなぁと思いましたねぇ。
上手く表現できませんが、良い!そんな感じがしました^^

ですが、YAMAHAもMORRISも素晴らしいギターだと思いましたよ^^
Commented by ゼク at 2009-07-08 09:36 x
なんちゃってさん!!やっぱりMARTINはいいですよね。
昨日も3本とも弾きましたがこの時期は湿度が高いためにちょっと
鳴りが悪いようなきがします。
できるだけ除湿するようにはしているのですが難しいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード