カテゴリ:ギターショップ( 11 )

関東方面では結構出物があるが関西ではあまり見かけない「本物」がお出ましである。

その名は「MARTIN D-45 1969」
アコギーファンならわかるかもしれないがD-45というモデルはMARTIN社では
最高峰のモデルであります。それに模し世界のギターメーカー、ルシアーが挙って
このモデルのコピーを世に輩出してきました。

日本のメーカーも例外ではなく(YAMAHAは例外)1970年代の
MORRIS,YAMAKI,K.Yairi,S.Yairi・・・・・・と45モデルを作ってきました。

この45モデルというのは簡単に言えば貝の装飾が全面に渡って行われので見分けやすいです。TOPはもちろん、サイド、バックまでメキシコアワビ貝の装飾が施されます。
私のように「ピカピカ」の好きな者にはたまらない装飾なのであります。

さて、このMARTIN D-45というモデルですが、
1933年~1942年という60年以上前にわずかに91本とういう数だけ作られたものです。
この91本が今でいう伝説のオリジナル45(ヨンゴ)としてファンの間で羨望のまなざしで
夢見心地で語られている逸品なのであります。
当然91本が全部残っている訳ではなく仮に残っていても半分もないと思うのです。

弾ける状態で残っていればそれだけで1000万円はすると思われるシロモノで、
状態が良ければ2000万とも3000万とも言われるアコースティックギター界の王様であります。

しかし、これらは実際売りに出されることは非常に珍しく世界の富豪が保管している事が
多く決して流通が豊かとはいえないのです。

さて、このD45ですが1942年で一旦終了して、復活にはここから26年を要した1968年に
なるのでした。MARTIN社がブラジリアンローズウッドと呼ばれる材料でギターを普通の
スタンダードモデルに用いたのが1969年までなので、まさにブラジリアンでのギリギリの
復活となったのです。
その後は現在2008年まで弛まなく作られ続けています。
しかし前述のように現在、高騰しているブラジリアンローズウッド製のギターのスタンダード
モデルとしては1969年が最終年なので、我々はD45の復活版でも1968年と1969年は
特別な意味で表現・認識するのであります。
この2年間では229本つくられており、今回売りに出されているギターはこの中の1本と
いう事になるのです。

続き・・・・
[PR]
僕はあまりカポタストは使わないのですが、最近になってYAMAHAのカポに変化があった事
に気付きました。僕の使っているモデルはこれですが・・・・・。
a0083903_22195373.jpg


実はこのモデルは真鍮製でこの一つ下に真鍮でないものもあります。
僕の時は真鍮製が2000円で安いほうが1000円でした。

しかしこの1000円の方は使っているうちに酸化して来てボロボロになってきました。
そこで当時、月5000円の小遣いから張り込んで2000円の真鍮製のを買ったのでした。

昔はYAMAHAのテリーさんのカスタムギターを使っているミュージシャンはこの真鍮製を
よく使っていましたので憧れもあって買いました。

ネジ式なのであまりネジ込むとネックの裏にキズがつくのが少々気に入らないが、しっかり
弦を押さえてくれて機能的には最高でありました。

ところがです!この弦を押さえる部分のゴムが何度も使っていると切れてくるのであります。
やがてパリパリになって使い物にならなくなりました。アロンアルファーを塗ったりもしましたが
諦めたのです。

しかし、最近はG7というカポを買ってそれもあまり使ってなかったのですが、ふと楽器屋に
行くと最近のこのモデルにはな・な・なんと!「替えゴム」が1つ付いているではありませんか!

おそらく、僕のように困り果てたユーザーがYAMAHAに泣きついたのであろう!!
親切に替えゴムまであるなんて、20年の月日はカポまで変えたかと思っていました!!


すると、今日、またまたびっくりです!!
a0083903_22293520.jpg

な・な・な・なんと、今度は替えゴムだけで売っているではあ~~りませんか!
しかも3本入りで840円です。この微妙に高い金額で、感心しながらも買うのはやめたのは
言うまでもありません。
だって、あんなゴムが3つで840円って・・・・・・。
どう考えても、1つ30円でしょ?

という事でやはりG7を使い続けようと誓ったのでありました!
[PR]
今日は昼から「ミナピタカード」をつくりに大阪・なんばCITYに行きました。

このカードは、なんばCITY内での買い物には常に5%割引になります。
しかも、年に何度かは10%引きの日があります!!

僕はギターとカメラが趣味なので高額商品を買うときは利点が3つあります。

1.普通はカード払いだと3%程度の逆に割り増しをとられる場合がある。
  にもかかわらずこのカードはカード払い+最大10%引きとなる。

2.大きな現金を持って歩かなくていい。

3.支払いまでに日数があるために買ってから金策に走れる!

といいとこしかないのであります。

例えば、最近ではレンズで166,000円と言うのがありました。
僕はミナピタカードを持っていなかったので他店で160,000円で買いましたが、
もしカードがあれば149,400円でした。160,000円でもかなり安いのにこのカードの
力は凄いです。

なんばCITYのギター屋はいろんな機種があります。
特にK.yairiが充実しています。YW-1000が新品170,000円ですがミナピタですと
153,000円です。もちろんカード払いなので現金はいりません!

高額商品ほど得なのでなんばCITYに近い方は一度考えてみて下さい。
[PR]
僕は、いろんなギターショップに行くのですが、ひとつ不思議があります。


それは・・・・・・・

ショップによっては高額なギターをかなりの在庫しているところがありますが、場合によっては
長い間売れ残ってる場合もあります。おそらく、ショップ自ら買い付けたものもあるでしょうが、
ほとんどは下取りや買取で手に入れたものと思います。

もちろん、かなり安く下取りや買取してると思うので大丈夫なんでしょうが、それらが売れたら
儲かりますが、売れなかったら丸々損しますよね??

例えば、50万円のギターを買うのに4本のギターと交換したとします。

この場合
       売価50万の1本のギター = 買値50万の4本のギター

もちろんこの買値50万の4本のギターは、売値合計80万くらいの4本のギターになるでしょうが、これは4本が売れれば単純に30万儲かりますが、売れなかったら50万損します。

なかなか、難しい商売ですね・・・・・。
[PR]
最近、新品で買ったギターを、その買ったショップで買い取ってもらおうかと思い、一応金額を
聞いてみました。

僕  「1年半前に買ったギターを下取りに、新しいギター買おうと思ったらどれくらいで買って
   くれる?」

店員 「あのギターは新品やったから、次に売るときは中古になって7割でしか売れない!
    うちは売値の7割で買い取るから半額になるな!

僕  「じゃー30万で買ったギターなら15万になるんですね?」

店員 「そうです!珍しいギターだったら委託て言う手もあるけど、あまり値が高いと
    売れないよ!



こんなやり取りがありました。

結局、新品で買うと売るときは中古に!更に買い取りはその7掛けに!
0.7 × 0.7 =0.49    半値になるとのことです!


中古で買った場合は、そんなにも変わらないかもしれませんが、やはり買い取りは6~7割が
標準のようです!
確かにショップの運営費&人件費を考えれば分かります!
これくらいの荒利がないと経営は不可能でしょう!


結局、買取はやめて手元に置いていますが、弾かないギターはやはり可愛そうですね!
[PR]
本日、いつもお世話になっているショップでyokoyama guitarの新作を3本試奏させて
もらいました。
どれも初めての木で非常に趣き深かったです。

まずは、ジリコーテ(メキシカンローズウッド)ですが、もうこれはどこから見てもハカランダです
バック&サイドともに上級のハカランダそのものです!YAMAHAのLL55Dにもこのような
木目が多数存在しています。
音は軽快なサウンドでやや軽めでした。

次は、カマティロ・ローズウッド材(メキシカン・キングウッド)です。
この木目は昔のYAHAMAのL-51やL-31に使われていた板目のハカランダという感じです。
この木はよく見ると紫っぽくてハカランダには見えませんが音は実に重厚で深いものがあります!このタイプのDタイプとカッタウェイタイプを弾きましたが、やはりDタイプの方が良かったです。

この3本の中で一番、低音が鳴り、高音も煌びやかだったのはカマティロのDタイプです。
ハカランダの新品の流通が減っている以上、これらの昔で言うニューハカランダが
これからの市場を賑やかすことになりそうです!
[PR]
今回はYAMAHAの新しいオーダーメイドのカタログを紹介したします。

a0083903_2339162.jpg


左上は表紙です!蒔絵のモデルはきっとどこかで見たことがあると思います。

右上はTOP材の金額表です!ジャーマンやシトカベアクローもあります!
もちろんエゾ松も用意されています!ちなみに僕はエゾ松ファンです!

左下・右下は各材料の説明文です。
ココボロの木目もいいですねぇ~~。
ちなみにTOP材は7種類から、BACK材は8種類から選べます!!

#86グレードでは最初からサイドバックはハカランダですので材による追加金額はありません
#66グレードは表記の追加金額がいるのです。
 
a0083903_23455946.jpg


左上は装飾関係です!普通のメキシコ貝なら追加金額はいりませんがちょっと特殊なのは
かなり追加がいります!特にこの「バイアスアバロン」は手間がかかりかなり高いです。
L-53の初期のものはこのバイアス加工です!

ちなみに全部をバイアスにするとそれだけで+336,000円になります!
しかし昔からのYAMAHAファンならこれも行っちゃえ!!って感じになりませんか??

右上はポジションマークですが、これも右のものは+157,500円します。
僕はこれはあまり興味がなく簡単なものでいいです!
ちなみにフレット交換時はインレイが入ってるほど高くなるのは言うまでもありません!
普通のフレット交換+50000円くらいかかってしまいます。
フレットの間をまたぐインレイを傷つけないようにするからです!!

左下はネーム入れです。
これもヘッドが+52500円、バックに入れでもしたら105000円です。
しかしネーム入れはオーダーするときの自分の決意の表れでもあります!
ナゼならネームを入れると売れなくなるからです!他人の名前の入ったギターはかなり安く
なります。ですからネームを入れない人も多いです。
僕はTSUYOSHIモデルのように筆記体でバッチリ入れてやりたいです!!

右下は金額です!
#86は1,575,000円
#66は892,500円です。

#86はハカランダになります。#66はローズになります!その差は682,500円です。
ココボロにしようと思えば当然#66モデルに変更をします。

ちなみに僕がオーダーすると・・・・・(エゾ松+ココボロ)で考えると。

基本モデル       892500
TOP&BACK     +42000
バイアス        +336000
ネーム入れ       +52500
---------------------------------------------------
             1323000円


以上、妄想タイム終了でした!!
[PR]
いつも見ているギターショップの総合サイトを見ていたらなんと!!

1930 MARTIN OM-45
1934 MARTIN D-45
1969 MARTIN D-45

どちらにしてもいい状態のようであります。
さて、金額は「ASK]になっていますがいかほどでしょうか??

プリウォーのD45が売りに出されているって凄いですね。
確か1000万円では買えないと思います・・・・・。

どちらにしてもMARTIN博物館にあってもおかしくない逸品です!
どなたが買われるのか、はたまたずっと売れないのか・・・・・。

この手のギターはあまりに高額になるためになかなか売れないみたいですね。
物が物だけにギターを愛してる人の所へ渡ることを祈ります。
[PR]
a0083903_18214569.jpg
今回もサドルを象牙に交換しました。MORRIS M151Rですが、こんな風にサンドペーパーで削りながらジャストフィットさせます。サドルの高さは何回も調整しながら12Fで3mm
になるように削ります。



a0083903_18234699.jpg


出来上がりはこんな感じです。
ブリッジピンも象牙にするとやっぱり音は輪郭がはっきりします。これは間違いなく変化があります。それに見た目も高級感に溢れます!!

どうでしょうか??
[PR]
これはフレットを磨く際に指板を痛めないためのプレートです。

弦を換える際にフレットをスチールウール(OOOO番)で磨きます。
するとピッカピカになります。その後OILを塗ると指板もテカテカになります。
皆さんもどうでしょうか?

a0083903_16172136.jpg

[PR]