<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

みなさんの中にはギターを何本か持っていて、順番に弾いている方もおられるとおもいます。
僕も現在10本のギターがあるんですが、買ったときは当然気に入って買っている訳ですから
毎日触るつもりなのですが、時間が経つとどうも弾くギターが限られてくる気がします。

僕は、だいたい毎日どのギターもネック状態と12F弦高をチェック、クラック予備軍がないかも
チェックしているのですが、それでも長く弾くのは3本ですね・・・・・。

ここで「ギター生涯3本説」が出てきます。

みなさんは、2:6:2の法則を知っておられるでしょうか?
これはどんな集団でも時間が経てば、2:出来る集団、6:普通の集団、2:出来ない集団に
分かれ、さらにこの2割の出来る集団だけが集まっても、その中でまた2:6:2に分かれて
しまうというものです。

ギターも良く似ていて、「このギターは最高だ!」と思いながら10本になったんですが、
いつも弾くのはだいたい3本です。

まず、
①YAMAHA FG250M
②YAMAHA APX10S
③GIBSON J160E
④MORRIS M151
⑤MORRIS M4501
⑥YAMAHA LL55D
⑦MARTIN D45
⑧MORRIS MF-CUSTOM
⑨MARTIN D28
⑩MARTIN O-18

と購入順であるのですが、

①~③の時  ほぼ③を弾いていました。
①~④の時  ③④
①~⑤の時  ③④⑤
①~⑥の時  ④⑤
①~⑦の時  ④⑦
①~⑧の時  ⑥⑦
①~⑨の時  ⑥⑦⑧
①~⑩の時  ⑦⑨⑩

とこんな感じです。

一番手にとってしまうのはD28です。
この永遠のスタンダードは限りなく普通の音なんですが、おそらく限りなく普遍的なものでしょう。
そしてD45はD28を豪華に張りのある音にしたもの。
O-18はノスタルジックな中に意外と澄み切ったサウンドがあるのです。

こう考えると、MARTINばかりです。
いい音のギターがMARTINなのか、MARTINだからいい音に思うのかは模索しないようにして
も、音ってやはり普通な音が最強だと思うこの頃でした。
[PR]
私のこのBLOGなのですが、みなさま、一日に一体どれくらいのカウント(来て下さった方)が
あると思いますか?

おそらく、10くらいかと思われてると思います。


しかしながら、意外に意外平均40~50アクセスくらいあるんです。

毎日、更新するわけではないのですがこんなに見ていただいて最高に嬉しいです。
この数字は重なったアクセスはカウントされてないですから40人近くの方が毎日みてくれてい
るって事ですね。

ちなみに、もう一つのゴルフのHP(http://www.k2.dion.ne.jp/~golf-72/index.html)
は一日平均3人くらいです。それと比べたら10倍以上ですから凄いことです。

出来ましたら、コメントのほうももらえたら嬉しい限りですが・・・・・・・・。


まぁ、ほとんどネタはありませんが、今後ともよろしくお願いします。
[PR]
いろんなリンク先からギター愛好家サイトに辿り着くのですが、ギターとカメラを両方されている
方って結構いるのですね!もちろん、HPには写真UPが付き物でいい写真を撮ろうと思えば
やはり一眼レフになるのかもしれませんが。

僕も、カメラは小学校5年の時に叔父さんにニコマートのカメラと24mmF2.8のレンズを
貰ってから35mm-105mmのズームと70mm-200mmと集めたのですが、
中学校3年まででニコマートに限界を感じいつしかコンパクトカメラに移行したのでありました。

その後、やはりキレイに撮りたくて長女が幼稚園に入園したのを機にキヤノンのKISS5という
入門機を購入、その後そのカメラでずっと撮っていました。

そして、今年の8月にデジタル一眼に変えてからはレンズも集めだしました。

やはり、一眼レフはボかしや明るさを換えれていろんな写真が撮れて楽しいです。

a0083903_19321414.jpg


デジタルの一眼は約1年から2年で新機種に変わりすぐに古くなってしまいますが、
ギターはビンテージとして古くなっても値打ちがありますね。

この相対する両方の趣味を今後とも満喫したいと思います。
[PR]
僕は今まで何度も書いているのですが、1985年にYAMAHA FG-250MというTOPが
単板、サイド&バックがマホ合板のギターを最初に買いました。

それから1991年にGibson J160Eを買うまではYAMAHAしか弾いたことがなかった。
このJ160EはALL合板でいくら弾いても全く成長しない。
やはりALL合板(特にTOPも合板)では音は成長しないことがわかります。

しかし22年弾いているFG250Mは確実に成長しています。
同じくTOPが単板だと鳴りは良くなる気がします。
ギターはTOPが重要という話はまんざら嘘ではないと身をもって感じています。

1991年から2005年にYAMAHA LL55D-Rを購入するまでの14年間はずっとJ160E
を弾いていた訳ですが、前記したように全く鳴らないギターであります。
もちろん、このJ160Eの名誉のためにも書きますが彼はエレアコなのであります。
ジャックにつないでハウリングが起こらない為に「わざと」鳴らないのであります。

ところで、55DRを弾いてビックリしました。
1985年にギターを握ってから2005年の20年ではじめてのALL単板!
しかもYAMAHAの最高峰器であります。
弾いた瞬間、慣れ親しんだFG250Mのヤマハの更にも増したジャランジャランの音!

しっかし、この国産ジャランジャラン系(僕がYAMAHA、MORRISの音をこう感じている)
はその後買ったMORRIS M151やMORRIS MF-CUSTOMの方が更にうえで、
極めつけはYAMAHA LL55D(ハカランダ)のたどり着くのである。

このLL55Dのジャランジャラン度は凄まじい!
最初に買ったLL55DR(ローズ)の5倍はジャランジャランではないか!!
これこそが、中学のときに長渕剛のアルバムから聞こえた「あの音」ではないですか!

このとき2006年3月!このLL55Dで僕のジャランジャラン系は終焉を迎えたのでありました。

日本のフォークを語るにはこのYAMAHAのハカサウンドなしでは語れません。
FG-500から始まり、FG2000、L31、L53,L55・・・・、どれだけのミュージシャンが
奏でたことか・・・・・。

ぼくは、このLL55Dで最高に満足した。大好きで心から信じていた最高の音「ジャランジャラン」。
しかし、何か忘れてはいないか??
このまま、国産だけで終わっていいのか??
このジャランジャラン系以外にも素晴らしい音があるんじゃないか??

そ・そ・そうだ!

ギターを始めて、21年!もうMARTINを持ってみても罰は当らないだろう。

「MARTIN」

こう聞くだけで、

・永久に持つことがない最高の舶来ギター。
・金額が高くとても手が出ない舶来ギター。
・国産とは違い、歴史が長い僕には関係のない舶来ギター。

しかし、国産ジャランジャラン系の終焉を見た僕は勇気を持って「夢の」MARTINに立ち向かったのでした。

はっきり言って、試奏も触ったこともないです。
なのに、気付いたときにはいつもお世話に鳴っているショップに出ていた、D45(ハカランダ)が
なんとなく自分のものになると直感して札束を持って試奏していたのであります。


生まれて始めて弾いたこのMARTIN D-45 Dx CFM(BR)が始めての僕のMARTINに
なるのですが、試奏一発目がジャランジャランではなかった。

僕が信仰していた音とは全く異次元の音でびっくりした・・・・・。

一言で言うと、「深い」のであります。
特に低音が全く違うのであります。深い、深い、深い・・・・・・。

うちに持って帰ってYAMAHAと比べると正反対の音が鳴ります。
YAMAHA&MORRISはジャランジャラン系なら、MARTINは何だろうか・・・・?

21年間国産で育った僕は、
全く違うこのMARTINの音に最初は違和感を感じながらも無我夢中で引き続けました。





MARTINのD45の音の素晴らしさを、更に不動のものにするには、次に買ったD28(1967)
の存在が大きい。

このD28は、いわばMARTINが1969年にハカランダを諦めてローズに転換する前のもので、
実にストレートな音がします。
何の着色もされていないギターの生の音!!
もちろんジャランジャランではない!例えられない位の真っ直ぐに突き刺さる音!

やっぱりこの頃のMARTIN D28は音が全然違います。
派手さは全くないですが、深みのある心に突き刺さる音のような気がします。

このD28の後にD45を弾くと、D45は派手な音に聞こえるのです。

しかし、実際は深さのある派手な音でYAMAHA系ではありません。


結局、最近1949年生のまさにビンテージMARTIN o-18を購入するのだが、
なんて素直な音だ!こんなにシングルオーのボディーでなんて鳴るんだ!
しかも深いじゃないか!これがMARTINの音だ!!と感極まりました。

そうなんですね、MARTINの音はどれも結局は同じ「深い」音で突き刺さる音なんです。

世界中の人が愛してやまない、このサウンドの本質は、胸に突き刺さる深い音なんですね。

これは歴史のなす、MARTINと言う長きに渡る信頼のブランド力、その安心感と包容力が
なせるものなんですね。

やはり、MARTINの音はギター好きには「特別」なものです。

ただ、いい音に聞こえているだけかもしれませんし、騙されているのかもしれません。
しかし、この音は僕にとって、実に落ち着く音で、目を瞑れば、心に突き刺さる素晴らしい音で
あることには全く疑うことを知りません。
[PR]
僕は、いろんなギターショップに行くのですが、ひとつ不思議があります。


それは・・・・・・・

ショップによっては高額なギターをかなりの在庫しているところがありますが、場合によっては
長い間売れ残ってる場合もあります。おそらく、ショップ自ら買い付けたものもあるでしょうが、
ほとんどは下取りや買取で手に入れたものと思います。

もちろん、かなり安く下取りや買取してると思うので大丈夫なんでしょうが、それらが売れたら
儲かりますが、売れなかったら丸々損しますよね??

例えば、50万円のギターを買うのに4本のギターと交換したとします。

この場合
       売価50万の1本のギター = 買値50万の4本のギター

もちろんこの買値50万の4本のギターは、売値合計80万くらいの4本のギターになるでしょうが、これは4本が売れれば単純に30万儲かりますが、売れなかったら50万損します。

なかなか、難しい商売ですね・・・・・。
[PR]
私がよく行く店でついに「ヤツ」が発売されました。

Martin D-28 Authentic

大阪、初上陸なのか!!
3月の時点で店長が「うちにもヤツはやってくるよ!」と言っていたので、ズット待っていましたが
ついに来ました。
・・・と言ってももちろん買える訳はないですが、一度見てみたいですね。

きっと、すぐに売れてしまうでしょう。
裏板も完全な柾目ではないですが、やはりいい色をしていますね。

おそらく、420万くらいかな???

僕は、ロト6を当てて次の「MARTIN D-45 Authentic」を狙います!!
[PR]