<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

僕は一番最初のギター購入は1985年のクリスマスだった。
忘れもしない中学3年の時だった。

そして、2番目のギターは1987年高校2年の時だった。

時間はあれから20年流れて今は2008年。

不思議とその2器がリビングに飾ってありいつでも弾ける状態に置かれている。

リビングは子供たちが走り回り愛犬も一緒に遊んでいる。
もちろん妻も子供と愛犬に囲まれている。
思い起こせばこのギター2器は私の青春の全てを垣間見てるかもしれない。

まだ、子供の面影が残っていた少年がギターを始め高校、大学、社会人になり夫になり父になった。
この一部始終をこの2器は目の当たりにしている。
そうして今、我が家のリビングに堂々とど真ん中に置かれているのである。

この両器は合板で環境の変化に比較的強いことからリビングに置いていつでも弾けるように
している。
後の単板ギターは温度と湿度を管理している部屋に置かれている。

まぁ、自分に手のようになったこの2器はやがて私の孫までも見るのだろうか・・・・。

a0083903_11311235.jpg

[PR]
最近は、よくMARTIN o-18(1949)を弾きます。
何しろ、D45の半分くらいしかないんじゃないかと思うくらいに軽い!
しかし、もちろん低音部は期待できないが1弦2弦の高音部はかなり抜けている。

約60年近く経って乾いているのか、実際にハカランダのD28(1967)やD45DXの
高音部よりより煌びやかである。どちらかと言えばヤマハのハカランダLL55Dに似ている。


マホガニー単板のギターは以外に高音は煌びやかである!
木自体が軽いからかローズ系のギターより軽快である!!!

MARTIN D-18GEとかは、きっと高音が澄み切っていると予想している。
まだ、自身のo-18以外のマホ単板は弾いた事がないんですが、そう思っています。


そして、この o-18はネックを調整してネックの仕込み角が換えられてあり、ハイフレットまで
同じ感覚で弾ける。12Fでの弦高は2.0mmJUST!
これでもビビラないのが現在のセッティングらしい。びっくりした!

僕の持っている、ギターは(ドレッドノート)殆どが仕込み角がやや起きており12F以降は
弾きにくい。その点o-18はいつまで弾いても全く疲れない。しかもシングルオーという
小さいBODYながら、しっかり音は出る!

このギターはいい買い物をしたと、お気に入りの1本になっている。
[PR]
このところ年度末なのかなかなか忙しい。
と言っても仕事が忙しいわけではありません。

もう一つの趣味である写真がその対象となる「被写体」のシーズンが始まったからだ。
ひとつは鈴鹿サーキット&岡山国際サーキットで開催されるSUPER GTやFニッポンの撮影
ひとつは野鳥であるカワセミという碧い鳥の撮影。

もちろんこれらの行動は大概は昼間だから夜にギターは弾けるのだが、多い時は1000枚近く
撮ってきた写真(データー)を現像ソフトを使って整理しなければならない。これがまた時間が
かかるんであります。下手したら2~3日かかります!

ってな訳でもやはりギターを弾かずにはいれないので目まぐるしく変わる環境に強い
ALL合板のAPX10Sを最近は弾いています。音はしょぼいですが何しろ高校2年の時に
アルバイトして買った20年モノなので弾きやすいです。



このAPX10S(エレアコ)を弾いてからMARTIN D28を弾くとビックリしますよ!その音の
ふくやかさに。しかしながら11本あるギターを満遍なく弾くには時間が足りません。
とは言ってもギターは僕にとってご飯と一緒で弾かない日はほぼありません。

おそらくカメラは止めてもギターは指が動く限り続けるでしょう。


いろんなギターのサイトを見ているとたくさんのギターを減らすことを書いているものがあります。
パターンとしていちばん簡単なのはひたすら売る。委託販売や下取りである!
また、何本かを1本にまとめる場合もある。100万円のギターがあったとして自分のギターが
何本かでその額に達するなら何本かVS1本でトレードが成り立つのであります。

この場合、どのギターを弾いてどのギターを弾かないのかの吟味が難しいですね。
思い入れだけで弾かないギターもあるし、音は好きでも何か弾かないギターもあります。

逆に音はそんなに気に入ってなくても総合的に好きなギターもあります。
弾きやすさやシルエットも大事かもしれません。

自分の気に入るギターが音だけではなくて全体の雰囲気によるものだと最近になって
理解できるようになりました。これもたくさん持つようになったからかもしれません!

最終的には3~4本残して売ってしまうと思いますがそれが何年先かわかりません!
ただ、いつも弾くギターが限られてきており弾かないギターは可哀そうなのは確かです。

ボチボチ考えていかないといけませんね!
[PR]
by koyo1378 | 2008-03-19 10:28 | 番外編
前にもここに書いたように日付は変わってしまいましたが、
BAHO(石田長生&Char)のアコースティックディオLIVEに行ってきました。

このLIVEは毎回違うところで行われている感じがします。
今まで、サンケイホール、厚生年金大ホール、フェスティバルホール、大阪中央公会堂、
等でやりましたが、今回はまたまたお初のNHK大阪ホールです。


a0083903_0491219.jpg



なんと今まで内緒にしていましたが今回初めて一列目でした!
しかもChar側の真ん前の席でCharから数mのところの席でした。

しかしCharはかっこよ過ぎる!シブイ!しかも本物のミュージシャンというオーラーが
出まくっている。タバコをくわえながらの演奏も渋かった!!
今日は19時開演で終わりは22時30分であった。
僕の中での名演は「Wonderful tonight」であった。この曲は何回は演奏しているが
円熟味を増した今回の演奏が最高のものだった。


BAHOは1989年に結成されてからほぼ20周年であるがアルバムはこの4枚だけでありましす。しかも一番最近のものでも10年は経っていると思います。

そんなこんなの変わったギターディオのLIVE最高に良かったです!
[PR]
by koyo1378 | 2008-03-09 00:55 | 番外編
みなさんはギターを弾くとき楽譜どうしてますか??
楽譜まで大袈裟ではなくても唄本やコードが載っている本とかをどうしていますか?

僕も前までは床に座って楽譜も床に置いて弾いていましたが、
引越ししてイスに座って弾くスタイルに変わってからは譜面台に置くことにしました。

a0083903_2125015.jpg




こういう感じです。
これ、意外と弾きやすいです。本はめくれないし角度も丁度いいです。

それと「楽器」を弾いているという気分になりますね!
[PR]