<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0083903_22293726.jpg


本当にギターっていろんな音がありますね!気分によって弾き分けるんですが、
最近はYAMAHA LL55DとMartin o-18をよく弾いています。

なにしろこの2器は日本製と米国製、ハカランダとマホガニー、Dタイプとシングルオー
比較的新しいギターとビンテージ・・・と言う風に比べだしたらキリがありません。

tころが音の方向性は良く似ているかもしれません。
低音は全く違うのですが高音はどことなくきらびやかで似ています。

12フレットでの弦高を両方とも2.2mmくらいにしていますので弾きやすくなっています。

ただ、ボディーサイズからYAMAHAの方が大きな音が出ますので、大きく弾きたいときは
YAMAHA,ポロンポロンと弾きたいときはo-18と分けています。

でも、やっぱりアコースティックギターっていいねぇ!
[PR]
寒かった冬が終わり、桜も咲き終わり、本格的に春がやってきました!!

湿度計を見るといつしか50%を超えています!
冬の間は加湿しないと35%くらいだったのに・・・・・・・・。

この時期、木はよく動くみたいで今まで乾燥で縮んでいた木が湿度が高くなることにより
膨張します。すると不思議に弦も引っ張られて音が高くなります。

チューノングメーターを見ている方ならわかると思いますが、湿度が5%高くなれば
ペグにして1/4から半分くらい音が高くなります。
それだけ木が動くということです!僕の経験上では65%くらいまでは大丈夫と思います!

しかしそれ以上になるとやはり問題がありますので今一度湿度計で確認してみてください!


今日は、LL-55Dから始まり、M-151、o-18と弾きました!!
えぞ松+ハカ、ジャーマン+ブラジリアン、シトカ+マホガニーと全部違う組み合わせです!

もちろん、音が全部全く違います!!

これだからアコースティックギターって面白いんですね!!
[PR]