<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

このギターを購入してすでに19年が経ちました。
あれはまだ僕が大学生のとき・・・・。まだ梅田の阪急イングスの1階に楽器店があった頃!

実は、J-45を買いに行きました。
なんとなくGIBSONのJ-45のシルエットに憧れて僕は何を血迷ったのかクレジットカードで
買いに行ったのでした。ところがです、あいにくJ-45はなくて変わりにコイツ(J-160E)はあったのでした。

a0083903_15391877.jpg


その頃の僕は、ギターに単板や合板、ローズやマホガニーがあることなんて知りませんでした。

とにかく、J-160Eを買って嬉しくて毎日弾きました。

それまで持っていた、YAMAHA FG-250Mも合板ですし、YAMAHA APX-10Sも合板なので
J-160Eは素晴らしく思ったのです!

1994年に就職して徳島に行ったときもこのギターだけは持って行きました。
その後も、家のリビングに置いて毎日弾いていたのですが・・・・・・・・。

我が家に、ALL単板のYAHAMA LL-55Dがやってきて、ついに主役の場を追われたのです。
ALL単板のギターの「鳴り」にはビビりました!!

やがて、Martin D45も購入!ますます弾くことがなくなったJ-160Eも来年で成人式だ!

私の思い出がたくさん詰まったギターなので、これからもずっとそばに置いておこうと思うのでした。
[PR]
このところの雨続きにより室内の湿度が潤っていました!
今年は4月まで寒くて空気も乾燥していました。室内の湿度も加湿器を外せばすぐに30%近くになる
ほどで、加湿器を炊いて50%以下にならないように注意していました。

最近ようやく、50%を越えてこれで加湿器とも一旦、お別れ出来そうです。

a0083903_17165387.jpg



やはり乾燥するとクラックが心配になってきます!
特に潤った部屋から急に乾燥した部屋、あるいは窓を開けて乾燥した冷たい風が入ってくると
クラックが入るようです。

「そんな簡単にクラックなんか入る?」と疑問の方もいると思いますが、実際に中古ギターを見ると
なんとクラックの多いことでしょうか!

もちろん、クラックが入ってもパッチ等でしっかりと修理すれば音質は変わらないですが、
大事なギターに割れが入るとちょっと残念な気分になりますね!

ということで、ようやく安心できる季節になりました!
[PR]