<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

僕はYAMAHAのギターとMARTINのギターが好きでYAMAHAが3本、MARTINも3本所有していますが
YAMAHAには伝説のギターを呼ばれるものがあってこのL-51もまさに伝説のギターなのであります。

YAMAHAのギターは元々FG~~~と言う名前だったんですが、1975年からLシリーズと言うのが
発売されました!このLはCANONのLレンズと同じ意味で豪華とか高級とかいう意味があるのです。

L-51、L-52、L-53、L-54がその伝説の最初のLシリーズなんですが、とにかく当時でも20万とか
して非常に高価な楽器だったのです!1975年と言えば大卒の初任給は10万程度でいかに高かったかが
お分かりだと思います。

さて、このギターの中で僕の好きなのはL-51とL-53なんですが、L-53と言うのはその後LL-53と
名前を変えて2004年まで作っておりましたので珍しくはないのですがL-51は1980年までしか作られ
なかったので僅か5年しかこの世になかったということになるのです。

しかも当時ははっきり言って人気がなかった!と言うのはこのギターは今では考えられない左右非対称の
ギターなんですから!!

c0145198_14303890.jpg


ねっ!違和感があるでしょう?しかもヘッドも変な形なんです!
ですので1982~3年に格安で売り余っていたL-51を買った人もいるくらいなんですよ!
しかし、時代が経つにつれてこのギターの値打ちが大きく変わってきました。

それは、何を隠そう、超有名ギターリストのCharさんがこのギターの発売当時からのオーナーで
今でもライブで使っているからと言うのもあると思います!
実際に僕もBAHOのライブの1列目に座ったときにこのL-51を目の前で見ました。
35年経った今でも、どえらい音が出ていました!Charが手放さない訳です。

そんなこんなで玉数が少ないのとCharが使っているというプレミアムも手伝って状態のいいものでは
中古で150万円は下らないと思います。

さて、今回このL-51の復刻版が発売されたのですが、なんと限定10本です
たった10本ですよ!35年前にこのギターを作ってた人は中本輝美さんと言って今はもうYAMAHAには
いませんが当時の設計図を忠実に再現するらしいです!


ちなみに・・・・・スペックは!!

L-51 復刻モデル

胴型:L-51(左右非対称)
表板:蝦夷松単板(A.R.E.)
裏板:ハカランダ単板(2ピース)
側板:ハカランダ単板
ネック:ホンジュラスマホガニー(1本棹)
指板:黒壇
下駒:黒壇
上駒・下駒枕:牛骨
糸巻:TM-67G
ピックガード:PVC(べっ甲模様)
弦長:651mm
付属品:専用ハードケース(左右非対称)
メーカー希望小売価格:\1,575,000(税込)(本体価格:1,500,000円)


金額も157万円と言うことで妥当な金額だと思います。おそらくもう予約完売になっていると思います。
すでにワシントン条約で輸入が禁止されているハカランダが使われているので200万円と言われても
仕方ないところです。
c0145198_1440280.jpg


しかし、L-51は最近では中古でもなかなか見ない逸品だし、Charが使っているので本当に興味があるところ
ですが、ちょっと簡単に買える金額ではないですよね~~!
[PR]
みなさん、チューニングはどうされていますか??
僕は5年ほど前までは、ずっと音叉を使っていました。膝にコーンと当てて5弦5フレのハーモニクスと
合わせていました!しかし、この5年はYAMAHAのチューニングマシーンを使っています。

さて、9月に購入したiPhone4のアプリの中にもチューニングできるものが結構あり、その中でも
評判のいい、「Cleartune」を入れてみました。

a0083903_11434696.jpg
a0083903_11435771.jpg



1枚目の写真に見えているのが、その音叉とYAMAHAのチューニングマシーンで、2枚目が
iPhone4のアプリです!両方で色々比べてみましたが、僕が使うには全く問題のないレベルでした。

これなら、どこでも持ち歩いていますし、ちょっとチューニングを合わせるときにも最高と思います!
450円しますが、毎月の加算ではないので安心です!
[PR]
a0083903_2205685.jpg
a0083903_2213583.jpg



今日は久々にコイツをメンテしました!!
弦を外して指板を掃除しました!そしてOILを塗って出来上がりです。

このまま何日か置いてTOP板の膨らみを緩和させようと思います!!
[PR]