<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

c0145198_18372187.jpg


このギターは2006年に買ったのですが、その後何年か弾き、ロングサドルの
状態が悪くなったらいけないのでここ数年は弦を張らずに湿度調整した部屋で
永遠の眠りについていたのでした。

ところが、ひょんなことから弦を張って弾いてみたくなり、メンテとともにやってみました。

c0145198_18393498.jpg


ロングサドルの調整はこのようにサドルが付いたまま上をサンドペーパーで削るらしいです。
ほんの少しだけ、削ってみました。(0.3mmほど)

c0145198_1841098.jpg
c0145198_184174.jpg


その後はフレットを磨きます。長く置いておくとフレットはくすんできます。
そこで、金属磨きで磨くとピカピカに元通りです!!

指板ガードを取り付けて丁寧に磨いてゆきます。
c0145198_18424821.jpg

そしてオレンジオイルで指板をしっとりと潤いを与えます。
黒檀で出来た指板がこれで、ピカピカになります。

c0145198_18435587.jpg


そして弦を張って終わりですが、この手の指板を持つギターはフレット交換が割高です。
アヴァロン装飾を指板上に施しているとフレットを抜く時に余計な手間が必要らしいです。

c0145198_1846060.jpg
c0145198_1846846.jpg


それにしても美しいギターです。
先日購入した、カポ(Thalia 24K Gold Finish with Dragon Abalone Inlay)も
実にしっくりと馴染んでおります。

このギターは1996年のマーチン社の何周年かを記念して作られたモデルで、
ハカランダモデルとローズウッドモデルが存在します。
ハカの方はロングサドルでオリジナルD45と同じ数の91本が世界中に売られたらしいです。
ローズモデルは普通のショートサドルでアヴァロン装飾もネックサイドにはありません。

10年ほど前まではこのD45 DX CFMはよく中古で見かけたのですが、ここ数年は見たことがありません。
Martin社も最近はハカランダモデルを出さずにマダガスカルローズやココボロを使った
ニューハカランダ的なモデルを量産しています。なので、ハカランダモデルのD45の
現存個数も減っていきオーナーが手放さないのだと思っております。

特にD45 GEはほぼ見なくなりました。アディロン+ハカランダのD45は今後少なくなるので
是非お手元に置いておいた方がいいと勝手に思っております。
[PR]
c0145198_15493570.jpg


(右)
今日は数年ぶりに寝かしておいたMARTIN '96 D45 DX CFMの弦を張ろうと思いつきました。
このギターはスノフレイクインレイのいわゆるオリジナルプリウォーD45のコピーで
1996年にMartin社が出した記念モデルであります。
TOPはシトカスプルース、サイドバックはハカランダのメキシコアワビ貝の装飾が
ボディーだけでなくネックやヘッドまで回っていて豪華なモデルです。
新品では300万円だったそうですが、僕は2006年に中古で買いました。

(左)
一昨年購入した私のバースデーイヤー1971年式のD45です。
なんと長渕剛氏がナイティナインのごちですで弾いた本物です!!
TOPはドイツ松でサイドバックは東インド産のローズウッドになっております。
1970にMartin社はそれまで使っていたブラジル産のローズウッドの枯渇から
東インド産のローズウッドに使用材料を変えました。1971年はそんなMartin社の
初期のローズD45でございます。最近では1974年までのドイツ松のTOP板を持つ
D45の高騰は目を見張るばかりでございます。

c0145198_15582379.jpg


(右)
2000年前後のMartin社のハカランダは写真のような少し赤い板目のものが多いです。
柾目のものもありますが、当然同じ確率で入っているので柾目が好きな人はそっちを
選び板目が残る形になっていると思います。この後に出されたD45GEのハカランダは
おそらく別に保管してあったハカでちょっと材料が違うように思います。

(左)
1971年頃のローズは本当にきれいなこれ以上にない柾目でございます。
当時Martin社はブラジルローズの代替えとしてこんなキレイなローズを使っていたんですね。

c0145198_1623415.jpg
c0145198_1624490.jpg


使われているアヴァロン(メイキシコアワビ貝)も少々違います。
1971年の方が白っぽい貝で施工方法も手作り感が多いです。
最近のアヴァロンは青っぽいですね。このどちらのアヴァロンもソリッドと思います。

糸巻きはMARTIN '96 D45 DX CFMはオープン型です。一方1971はグローバーの
オーソドックスな人気のオイルが入っているものです。


この2本のギターですが、全く違います。
MARTIN '96 D45 DX CFMは低音がとても出るギターです。
まるでグランドピアノのような重厚な音です。ネック幅も昔の広い方なので大きな手の
私には弾きやすいです。
MARTIN '71 D45のほうは軽い音です。もちろん46年経ち、材が枯れてるのかもしれません。
ドイツ松(ジャーマンスプルース)の奏でる煌びやかさがあります。


この2本を持つことはきっとアコースティックギターファンにとっては有意義なものであると思います。
私も出来る限り大事に所有し弾いていきたいと思っています。
[PR]